一人ごと | eplesu
FC2ブログ
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11
☆★☆ eplesuからのお知らせ ☆★☆


■年末年始のおやすみ
12/24~1/10

■オーガニックハウス サルーテ 京都さんでパンの販売をします!>
オーガニックハウス Salute 京都




■ H30年1月10日10:00~3:00すてき発見市に出店します♪
JR山崎駅前 離宮八幡宮さん境内です。


■ごりごりの里に出店します!
H29.9.18(月.祝日)
城陽文化パルク

■酵母教室、パン教室を始めました。 カテゴリー「酵母教室の案内」「パン教室の案内」に日付など詳しくのせています。

■ネットショップ始めました。
クロネコヤマト代引き、ゆうちょ銀行振り込みでお支払いしていただけます。
eplesuぱん。〜ヴィーガン自家製酵母パン〜でパンやクッキーなど販売しています。
遠方の方はぜひご利用ください♪




201810081848410c3.jpg

自分の帰る場所に帰ったらまた別のモノに気付く。
私が大事に守ってきたもの。
私が作ってきたもの。
それらは私にあたたかい。
そこは私だけの幸せの空間。

20181008184833e3f.jpg

素敵な場所で深い時間を過ごさせて頂けた事にありがとう。

20181008184836076.jpg

201810081848350a4.jpg
スポンサーサイト
201810080957442fb.jpg

20181008095745737.jpg

20181008095751100.jpg
20181008054708790.jpg


古い町並みがおいでおいでと手招きをする。
何も考えず、何も気づかず、流れるまま中に座り込む。
チクタクチクタクチクタク。

20181008054708721.jpg

時間が進むにつれて濃くなる不思議な魔法。
風や川や空が語り出す。
ただただ自分達のためだけに輝き出す。

20181008054713fa9.jpg

色んなものを整理して望むままにと方向転換してきたのにまだまだ私は色々抱えていたようだ。
偶然は必然。
気付きの時だ。
小さな頃に戻ったあの子に言うように。

子供がどんなに大きくなっても親の心のなかにある子供は小さな頃のままなんだよ。
23歳と20歳でも私の心のなかにいるのは3歳位の子供。
「たっけてよー!怖いからたっけて。抱っこしてよー」って泣いてる頃の顔。

そばにいるとお互いの甘えがあったりして日常の波に流されてこじれる事もある。
でも離れると親の心のなかには小さな子供の顔があるからこじれは解消される気がする。
親はね、小さな頃の子供を裏切れないんだよ。
心のなかに可愛い顔を抱えている以上嫌いになれない。
勝手な事されても、都合の良い事されても苦笑いして許しちゃう。
だから親の事は二の次でいい。
自分の事を一番に考えて親は都合よく使ってもいいんだよ。

最近よく思う。
親は子供を育てさせてもらったんだって。
育児真只中の時は余裕なんてなくて、子供との生活に疲れてしまったりもしたけど今になればそれも心の癒し。
気づいたら宝物を心に抱えていたんだよね。
親はもうすでに一杯子供から宝物をもらってる。
だから子供は親を足枷のように思う必要はないよ。
自由に飛んでけ。
親なんか忘れて笑顔で走ってけ。
でもしんどくなれば都合よく親を思い出して甘えるんだよ。
その都合のいい甘えでさえも親はうれしいんだから無理する事はない。

親が自分の今後を考えるのは自分の責任でするよ。
子供を産んで育てたのは老後の事を考えてなんかじゃない。
自分の事は自分で責任を取らないといけないのは誰しも一緒。
だから大丈夫だよ。


コロネ。
近頃の寒さに頭を抱える。
うちではバターが使えないからその代わりにオーガニックココナツオイルを使う。
このオイルは美味しいけど暑さ寒さでどうしても振り回されてしまう。(質の良いものじゃないと香りが強すぎて使えないから良いものを探すのも大変なオイル。ココナツオイルが苦手と思ってる方も質の良いものを使うと違ってくるかも)
夏も苦しんで夏の終わりにようやく少し見えたものがあったけど、冬にもまた悩みが来るなんて。
冬は油断してたなぁ。

でもでも。
こっちはたぶんもうわかった気がする。
自家製酵母、オイル、生地、どれも気ままに我が道をいっちゃってくれるから私は後ろから追いかけるしかない。
たまに意味がわからなくて、難しくて放り出したくなるけどやっぱり面白い。

お店を始めるずっとずっと前。
バゲットが焼けなくて、焼けない理由がわからなくて泣いて地団太踏んでた時があった。
寝るときも「なんで?」が頭から離れなくて眠れなくなったり。
バゲットノイローゼみたいになってた。
冷凍庫パンパンになっても焼き続けて、色んな友達に食べる手伝いをしてもらって必死だった。
今、バゲットは焼くのが楽しいと思えるのはあの時のしつこい思いのお陰。
まだまだ下手くそだけど少しずつ上っていければ。

この寒さで負けるパンの対策も先週くらいから始めています。
まだまだ均一で安定したパンとは言えませんが見えないふりはしないでぶち当たります。
未熟ですが頑張ります。
#自家製酵母
#自家製酵母パン
#乳製品フリー
#卵フリー
#ヴィーガン
#オーガニックココナッツオイル
20180113230548dd3.jpg

ホットチョコレート。
無糖で豆乳も半分水で薄めてサラッと。
重すぎなくて美味しいです。

年末年始長くお休みを頂いてお店を開けるとやっぱり楽しいなぁと思います。
真剣な顔でパンを選んでくださる姿、
いつも来てくださる方が笑顔で入ってきてくださる時の明るい雰囲気、
面白い繋がりが持てた方たちとの会話。
すべてが刺激的で優しくて心の真中をワクワクさせてくれます。
ありがとうございます。


お店で使う包丁をやっと購入しました。
今まではキャンプ用に買った古い100均の包丁を研いで使ってたという。。。(^^;

201708011745122bd.jpg

近所で気軽にお研ぎに出せるところがいいので近所にしました。
お稲荷さんの近くのフルタさん。
よく前は通っていたので迷うことなくここへ(^^)

20170801174509a83.jpg

夫と二人で色んな質問をして色んな包丁を見せてもらいました。
関東と関西では違うことや色々教えてもらい楽しかったです。

20170801174508cf4.jpg

大事に出来るように名前も彫っときやーと入れてもらいますました。
これでお店でも切れ味良く作業が進みます(*^^*)
ブログの整理をしていたら下書きで忘れている記事の多さにびっくりしました。
これは何だろう?と見てみると懐かしいのや忘れ去っているものが色々。
今回アップするのは2007年9月の記事。
今も昔も同じようなことやらかしてるなーと苦笑する内容。


名古屋に遊びに行こうと決めたとき・・・

一日目はwちゃんと、
二日目はさおりさんと遊びたいと思ってたので二人に連絡を取ってたんです。

二人からOKをもらって後はホテルの予約を取るだけになりWちゃんにメールしました。

「岐阜羽島駅の近くでホテル探してるし」

これで明日予約を取ろうと安心して布団へ・・・




家の電話が鳴り響きますが寝る気マンマンなんで無視無視。

10回コールで切れたと思ったら今度は私の携帯がっ!
仕方なく見るとWちゃんからでした。

「もしもし?」
「なんで岐阜羽島なの?」
「・・・?」
「なんで?」
「だってWちゃんの家の近くがいいし」
「うち名古屋だよ。全然遠いじゃん!」
「あれ?Wちゃん引越ししたん?」
「何言ってるの!?うちはずっと名古屋だよ?○○○ちゃんが来た時も名古屋だったし名古屋駅で降りてるでしょ?」


なんかエライ勘違いをしてたようです。。。
私、名古屋の家にも遊びに行ってるしムスコッチを送りに名古屋駅にも行ってるはずなのに何故か岐阜羽島と思い込んでたんです(汗)

「まさかまだホテルの予約してないよね!?」
「うん。まだぁ」
「よかったぁ!!そんなとこ予約されたら私までお泊りじゃんねぇ?」

その後はほんと大笑いされました。

そやけど何でやろ?
何で岐阜羽島と勘違いしたんやろ。。。
すごい思い違いに自分でもびっくりです。

こんな自分にも負けずとりあえず行ってきます♪♪




ゴールデンウィークに夫婦でお出掛けしてきました。
長期のお休みは頑張って働いた夫が楽しめるように夫中心でお出かけすることが多いです(^^)
今回も夫が行きたいところへ。
でも念とはちゃんと通じるようになっているんでしょうか(笑)
ゴールデンウィーク前から考えていたことや、少し動き出した事に繋がる事も多くて私も楽しみました。
願えば叶う。
求めればその機会は必ずやってくる(^^)
またおいおいとお休みのお話も書けるかなと思います。

写真は夫が見たがった富士山。



田舎のおばちゃんに会いに。
あいにくの雨で残念だけどワクワク。

20170427045315119.jpg

山椒の木も葉を出し始めていた(^^)
大きな木のそばには飛んで芽が出た山椒がその辺に♪
なかなか根付かない山椒だけど自然に飛んだものは元気にスクスク育つ。
おばちゃんちはそうしながらずっと何十年と場所が変わりながら山椒がある。

20170427045314bbb.jpg

庭にも山菜が一杯。

201704270453122f2.jpg

フキもこの細いのやと太いのとがその辺にはえる。

20170427045311d99.jpg

お宝も一杯(^^)
この釜で餅米を蒸して杵と臼でお餅をつく。
もう87歳だからさすがにできないけどそんな風に一人でお餅をつくおばちゃんを見てきた。
優しくてお料理上手。
農家で忙しい時には手をかけた料理はできないはずなのにいつも薄味で美味しいご飯が出てきた。

201704270717460ea.jpg

この炊き込みご飯も手間をかけすぎずに美味しく作る工夫がされていた。
根掘り葉掘りとつくり方はを聞くと「醤油は8合で1合のはっしゃく」と言われて意味がわからなくてポカーーン。
こう言われたような気がするけど違ったかもしれない(笑)
とりあえずは指の動きを覚えてるから「こういう事だろう」と何となく理解。
覚えているうちに再現してみよう。
まだまだ元気でいてほしい。