一人ごと | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
☆★☆ eplesuからのお知らせ ☆★☆





■オーガニックハウス サルーテ 京都さんでパンの販売をします!>
オーガニックハウス Salute 京都




■ H29年9月10日10:00~3:00すてき発見市に出店します♪
JR山崎駅前 離宮八幡宮さん境内です。


■ごりごりの里に出店します!
H29.9.18(月.祝日)
城陽文化パルク

■酵母教室、パン教室を始めました。 カテゴリー「酵母教室の案内」「パン教室の案内」に日付など詳しくのせています。

■ネットショップ始めました。
クロネコヤマト代引き、ゆうちょ銀行振り込みでお支払いしていただけます。
eplesuぱん。〜ヴィーガン自家製酵母パン〜でパンやクッキーなど販売しています。
遠方の方はぜひご利用ください♪






お店で使う包丁をやっと購入しました。
今まではキャンプ用に買った古い100均の包丁を研いで使ってたという。。。(^^;

201708011745122bd.jpg

近所で気軽にお研ぎに出せるところがいいので近所にしました。
お稲荷さんの近くのフルタさん。
よく前は通っていたので迷うことなくここへ(^^)

20170801174509a83.jpg

夫と二人で色んな質問をして色んな包丁を見せてもらいました。
関東と関西では違うことや色々教えてもらい楽しかったです。

20170801174508cf4.jpg

大事に出来るように名前も彫っときやーと入れてもらいますました。
これでお店でも切れ味良く作業が進みます(*^^*)
スポンサーサイト
ブログの整理をしていたら下書きで忘れている記事の多さにびっくりしました。
これは何だろう?と見てみると懐かしいのや忘れ去っているものが色々。
今回アップするのは2007年9月の記事。
今も昔も同じようなことやらかしてるなーと苦笑する内容。


名古屋に遊びに行こうと決めたとき・・・

一日目はwちゃんと、
二日目はさおりさんと遊びたいと思ってたので二人に連絡を取ってたんです。

二人からOKをもらって後はホテルの予約を取るだけになりWちゃんにメールしました。

「岐阜羽島駅の近くでホテル探してるし」

これで明日予約を取ろうと安心して布団へ・・・




家の電話が鳴り響きますが寝る気マンマンなんで無視無視。

10回コールで切れたと思ったら今度は私の携帯がっ!
仕方なく見るとWちゃんからでした。

「もしもし?」
「なんで岐阜羽島なの?」
「・・・?」
「なんで?」
「だってWちゃんの家の近くがいいし」
「うち名古屋だよ。全然遠いじゃん!」
「あれ?Wちゃん引越ししたん?」
「何言ってるの!?うちはずっと名古屋だよ?○○○ちゃんが来た時も名古屋だったし名古屋駅で降りてるでしょ?」


なんかエライ勘違いをしてたようです。。。
私、名古屋の家にも遊びに行ってるしムスコッチを送りに名古屋駅にも行ってるはずなのに何故か岐阜羽島と思い込んでたんです(汗)

「まさかまだホテルの予約してないよね!?」
「うん。まだぁ」
「よかったぁ!!そんなとこ予約されたら私までお泊りじゃんねぇ?」

その後はほんと大笑いされました。

そやけど何でやろ?
何で岐阜羽島と勘違いしたんやろ。。。
すごい思い違いに自分でもびっくりです。

こんな自分にも負けずとりあえず行ってきます♪♪




ゴールデンウィークに夫婦でお出掛けしてきました。
長期のお休みは頑張って働いた夫が楽しめるように夫中心でお出かけすることが多いです(^^)
今回も夫が行きたいところへ。
でも念とはちゃんと通じるようになっているんでしょうか(笑)
ゴールデンウィーク前から考えていたことや、少し動き出した事に繋がる事も多くて私も楽しみました。
願えば叶う。
求めればその機会は必ずやってくる(^^)
またおいおいとお休みのお話も書けるかなと思います。

写真は夫が見たがった富士山。



田舎のおばちゃんに会いに。
あいにくの雨で残念だけどワクワク。

20170427045315119.jpg

山椒の木も葉を出し始めていた(^^)
大きな木のそばには飛んで芽が出た山椒がその辺に♪
なかなか根付かない山椒だけど自然に飛んだものは元気にスクスク育つ。
おばちゃんちはそうしながらずっと何十年と場所が変わりながら山椒がある。

20170427045314bbb.jpg

庭にも山菜が一杯。

201704270453122f2.jpg

フキもこの細いのやと太いのとがその辺にはえる。

20170427045311d99.jpg

お宝も一杯(^^)
この釜で餅米を蒸して杵と臼でお餅をつく。
もう87歳だからさすがにできないけどそんな風に一人でお餅をつくおばちゃんを見てきた。
優しくてお料理上手。
農家で忙しい時には手をかけた料理はできないはずなのにいつも薄味で美味しいご飯が出てきた。

201704270717460ea.jpg

この炊き込みご飯も手間をかけすぎずに美味しく作る工夫がされていた。
根掘り葉掘りとつくり方はを聞くと「醤油は8合で1合のはっしゃく」と言われて意味がわからなくてポカーーン。
こう言われたような気がするけど違ったかもしれない(笑)
とりあえずは指の動きを覚えてるから「こういう事だろう」と何となく理解。
覚えているうちに再現してみよう。
まだまだ元気でいてほしい。





大山崎の桜。
ここの市はすごくリラックスします。
空を眺めて、桜をみて。

20170411063337145.jpg

神社の独特の雰囲気かな。
後半、お客さんがいなくてひっそりしたときにはウツラウツラと居眠り。

20170411063336e88.jpg

今日は雨。
昨日しっかりと桜を堪能できて良かった。
ありがとう。

2017030622232593e.jpg

菌まとめノート。
このノート作るのが楽しくって仕方なくて目がショボショボになるまでやめられない。
色んな事がわかるたびにワクワクしてどんどん菌が大好きになる。
菌の事を考えていると「何故?」が止まらない。
1つの何故が解決すると次の何故がわき出てくる。
好奇心がこんなに刺激されるものはないってくらいに止まらない。
ルーズリーフの輪っかが小さすぎて紙が収まらない。
一冊にまとめたいから大きなリングのにしよう。

昨日炊こうと思って水につけておいたお米。
炊けなくて寒いとこに置いといたら発酵が始まっていた。
かなりの変化は見えるけど臭さはないので問題なく食べれる。
乳酸菌が一杯だ。
うちの乳酸菌はこんな子だったんだと思って鍋のなかを見てニヤリ。
「ほほー。君だったんだねー」
納得がいけば猜疑心が消える。

家族が言う些細な体調の話でも「それは~~が~~になってるから~~になってるんだよ」と言葉が出てくる。
息子なんて私と同じで「何故そう言えるのか」を説明しないと納得しない。
ただ何となくで言ってるだけなんだったら信用しないとキッパリ言い切る。
息子にとって都合の悪い話だと余計に。
そして最近は説明すると黙りこむ。
黙りこむのは息子の食生活の乱れについてだから。
その乱れがここに繋がってるんだ、家のご飯で体が喜んでいる証拠があると指摘するから(笑)

時間を見つけて10分でもノートを作る。
勉強してる子供と一緒にキッチンのテーブルで菌ノートを作る。

私にはまだ知りたいことや興味のあることが山のようにある。
子供たちと一緒にノートにむかう好奇心がある。
それはなんて幸せな事なんだろう。


手作りヤーコン茶。
田舎で大切に作ったものをわけてもらいました。

201701202200380d8.jpg

効能も素敵。
毎日美味しくいただきます♪
ありがとうございました!
2017010417052798d.jpg


こんな記事や個人のblogなんかを見て行きたいと楽しみにしていたんです。
お店の前まで行くとおやすみ。
でも名前が違うぞ?とよく調べるともう閉店されてました。。。

自家製サワー種でドイツパンを作ってられて、パンにあうスプレッドなんかも販売されていると書いてあったので楽しみにしていたんです。
ドイツビールも販売されていたらしい。。。
人気のパンやさんだと書いてあったのでまた違う場所でされてるんでしょうか。
食べたい。。

20170104170524cd9.jpg

隣のカレーやさんも気になる。。。(笑)
*原爆ドームの前で語りべをされていた方から聞いたことを書いています。
私が間違って記憶していることもあるかもしれません。
また話の内容はとても想像を絶するものだったので読まれるかたはそう思って読んでくださいね。




原爆ドームに行って来ました。
お恥ずかしながらまだ1度も言ったことがなかったので。。。
朝8時半からということだったので朝一番から行って来ました。
もうすでにボランティアの方が語り部として立たれていて頭の下がる思いです。
知らなかった話も沢山。
屋根の丸い部分は十円硬貨と同じ銅で出来ていたそうです。
それが原爆が落とされて光った瞬間に溶けて蒸発して無くなったんだと言われました。

「太陽のような温度、五千度という熱がすぐそこにあった」

「よく原爆がおとされた瞬間に人は溶けて消えたのですか?と質問を受けますが溶けて無くなったりはしないんです。人の体には水分がたくさんあるので皮膚から数ミリほどまでの皮膚が焼けて溶けるんです。背中から被爆した女性の背中の皮膚が熱で溶けて沸騰してブクブクしてるのが見えたという話も聞いています。みんな溶けた皮膚を垂れ下げながら逃げまどったんです」

資料館にはもう顔の原形がわからない女性の写真や、背中だけが黒こげでうつ伏せになっている方の写真などもありました。
生き地獄と言われることがありますが写真は本当に生き地獄の世界。
だってこんな痛々しい姿で意識があるなんて。
もう吐き気が込み上げてきます。

20170104170529fe2.jpg

何故、地上600メートルと高い位置で爆発をさせたのか。
そんな事、考えたこともありませんでした。
「高い位置で爆発させると広範囲に被害を広げられるから」と聞いて顔が歪みました。

被爆で全身が溶けるような大火傷をした人
空中で爆発したための衝撃波で無くなった人(3トンもの圧力がかかり家の下敷きになって圧死された人も多かったそうです)

黒い雨で被爆した人(救助や身内を探しにきて被爆した人も多かったそうです)


20170104170557ae1.jpg
201701041705274fe.jpg

遠くの山の麓まで全滅だったそうです。
こうやって目の前でみるとあまりの広範囲で唖然とします。
この川も潮の満ち引きで死体の山だったそうです。
8月に起こったこと。
死体の腐敗はどんどん進むので、この方がどなたなのか丁寧に調べることもできません。
またそんな事が言える量の数ではないので山積みにして焼いていくんだそうです。
脳みそのある頭は焼けるのが遅いので首からちぎれた頭がゴロゴロと火から転がり落ちてくるんだそうです。
それをシャベルでまた火のなかへ戻す。。。
この作業も混乱のなかごく一般の方がされていたんでしょうか。

「今でも土の下にそのまま見つけ出すことが出来ずに眠られてる方たちは沢山いらっしゃる。この公園の下にも家のなかで圧死された方なんかはいらっしゃるはずです」

みて知ることは大事なことです。
実際目の前でみると全然違います。
何故戦争は起こしてはならないのか、放射能がなぜ怖いのかが迫ってくるように理解できます。
誰が巻き込まれるのか、どうなるのかが迫ってくるように理解できます。

被爆された方たちはご高齢で次の年代の方が伝える役目を継いでくださってることにも感謝の気持ちが湧きました。
この声をちゃんと伝え続けるということは大きな意味のあることです。
私たちは知らなければいけない。
伝えてくださる方に感謝です。



高知県の鰹のたたき丼。
トロットロ!
こんなに美味しいのは生まれてはじめて。

20170104073903f95.jpg

ホタテ貝とカキフライ

2017010407391193a.jpg

うちわえび。
はじめて食べた!

2017010407404009d.jpg

佐賀県産のカキ

201701040740355d5.jpg

大きくてみずみずしい。

20170104074030a9e.jpg

彦島産のカキ

2017010407391230e.jpg

小粒だけど透明感あって他のと全然違う。
レモンをたっぷりしぼって食べると至福のうまさ。
こんなのもはじめて。
他にも広島県産などあと3種あったけどさすがに食べられず。。。

20170104073911a7a.jpg

カキご飯。