手作り調味料 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
☆★☆ eplesuからのお知らせ ☆★☆





■オーガニックハウス サルーテ 京都さんでパンの販売をします!>
オーガニックハウス Salute 京都




■ H29年9月10日10:00~3:00すてき発見市に出店します♪
JR山崎駅前 離宮八幡宮さん境内です。


■ごりごりの里に出店します!
H29.9.18(月.祝日)
城陽文化パルク

■酵母教室、パン教室を始めました。 カテゴリー「酵母教室の案内」「パン教室の案内」に日付など詳しくのせています。

■ネットショップ始めました。
クロネコヤマト代引き、ゆうちょ銀行振り込みでお支払いしていただけます。
eplesuぱん。〜ヴィーガン自家製酵母パン〜でパンやクッキーなど販売しています。
遠方の方はぜひご利用ください♪






良いビーツが沢山買えたので下ごしらえして長く使えるようにしました。
1つは酢漬けに。
これもきれいな赤色。
もう使い道は決まってるんです🎵
楽しみだなー(^^)
スポンサーサイト
今年はハラペーニョが手に入らないかと思っていたけどぎりぎり終わりごろに手に入れられました(^^)
唐辛子のなかで一番大好きなのがハラペーニョです。
辛味は強いのにうま味があって口のなかに痛みがこないので買うのはハラペーニョだけにしています。
どうしても手に入らない時で鷹の爪と韓国唐辛子。



ハラペーニョ酢漬けは商品名で言うとタバスコです。
それとハラペーニョの醤油漬け。

201709250214185e0.jpg

ハラペーニョの麹漬け。
今回は麹を沢山入れすぎて甘いです(笑)


201709250212143d0.jpg

百姓屋敷わらさんにお邪魔したときに採らせてもらった桑の実が美味しいお酢に変身しました(^^)



まだここから長く寝かせるんですがジュースとして飲むならもう大丈夫です(^^)
炭酸水で割って飲めば爽やか🎵

今年は柿が届き次第、柿の酵母酢の教室をしてみようかと思っています。
酵母の作り方と似ているようで違うのでまずは酵母の作り方が完璧になっておくと頭が混乱しなくていいと思います。
こちらも酵母教室を受けて頂いた方のみとなりますのでまだ方はぜひ酵母教室にお越しください(^^)
酵母教室のことはカテゴリー「酵母教室案内」をみてもらえれば詳しく書いています(^^)


やっと仕込めた(^^;
お正月にと思ってたのに5月(笑)
気ままなので時期を気にせず仕込むのは毎回のこと。
性格も雑なので豆の潰し方も適当ときた(笑)
でもいいんだぁー。
味は美味しいし味噌汁から豆が出てきても問題なしだし。
それに潰れてない豆はしょっぱくてそれもそれで美味しいから(*^^*)
去年の味噌と酵母も混ぜこんで。

今回は家にあった豆が少しの黒豆と大豆だったので半々で。
豆も種類にこだわらず家にあるもので仕込みます。
去年は赤えんどうで仕込んだかな?
自家製調味料は生活に密着した作り方が正解なのだ(*^^*)

もう一回どっかで仕込まないと足りないかなー。
日曜日の手作り市にむけて準備しています。
3/19にル・マルシェに出店します。
場所はここです→
ここはお酒がすきな方には最高のマルシェ。
前回はクラフトビールやワインを出してるお店も沢山でした。
おつまみ系も一杯(^w^)
座って飲んで食べて楽しくお喋りして過ごしてもらおうとえぷりーずもおつまみっぽいものを(^^)

20170318034913e3b.jpg
薫製レーズン

20170318034910b2f.jpg
薫製アーモンド

薫製オイル

写真を撮り忘れましたが薫製塩と。
これでおつまみっぽいのを作ります。
お店はもうなに屋さんかしらと思う香りで一杯です(笑)
無事完成できますように(^^)

薫製塩が物凄い美味しさなので小袋で持っていこうか悩み中♪


春ウコンでウコン粉末を作りました。
たぶん春ウコン。。。
春に買った黄色いウコンだったので春ウコンだと(笑)


20170117181533d65.jpg

すごく香りが強くて物凄く苦いです。
市販品の倍は苦い。

料理に使うのと肝臓の労りのために。
もう夫は愛飲しまくりで(^w^)
長期に飲み続けない、1回の量を多くしすぎないだけ注意してます。

年末に秋ウコンも買って乾燥させました。
こちらは濃いオレンジ。
春ウコンがなくなってから粉末にします。
乳酸菌風呂4日目の朝、お湯を抜くか続行するか悩んで一旦お湯を抜きました。
理由は湯船の中がどうなってるのかが気になったのと
4日前にペペッと雑にしか掃除をしていなかったのでそこに罪悪感があったので(笑)

朝蓋を開けると強い発酵臭はなし。
おや?とまた興味がわいて続行。。。としちゃいそうになったけどグッと我慢しました。
栓を抜くと湯船のなかは思ったより汚れていませんでした。
もっと恐ろしいかと思っていたんですけど。
意外です(^w^)
抜いた湯船は少し発酵臭がしました。

今度は重曹とクエン酸を使ってゴシゴシ洗いました。
綺麗に洗ったら夕方まで換気扇を回しておいて乾燥させておきます。

米の磨ぎ汁の乳酸菌も5日間同じ入れ物で発酵させているのでだんだん強くなってきてます。
発酵のスピードと強さが少しずつ強くなってきました。

夜、お湯をためて乳酸菌入れて湯船につかると昨日よりお湯がかたいなと感じました。
娘が「温泉みたいお湯がトロリと感じる」と言っていたのであながちこの感覚は間違ってないように思います。
ということはまた3日くらいは試したい。
とりあえずまた様子見ながらやってみます。
夫は「なんでお湯捨てたん」と残念そうでした(笑)

お湯はかたいけども安心感があるのも事実。
必死に頑張って湯をかえないでやる必要はないですね。
適度に2、3日楽しんだら次っていうのが万が一のことも防げる気がします。
それに続ければ菌は絶対に住み着いてくれますし♪
酵母菌と乳酸菌で溢れかえったらいったいどうなるんでしょう?

しばらく乳酸菌生活は楽しみ続けます!
あ、残り湯は花の水やり、洗濯に使えますので有効利用できますよ♪


四日目、続けようか悩んでお湯を抜きました。
お風呂の底が見たかった(笑)
それに初めからぶっとばしてはいいことないですから。

こんなの誰も興味ないだろうなと思っていたら予想外に気にしてくださる方がいてくださったので色々書いてみようと思います(^^)
3日目が終わった時点でそういえば乳酸菌風呂で検索したら何が出てくるんや?と思って検索してみました。
そしたらまぁーたくさん出てきますね!
アトピーに効くとかいいことばかり。
確かに私も免疫力アップ、すべ肌なんかを期待してます。
でも不安に思っていることもあるので今日はその辺を書いてみようと思います。

においを嗅げば腐敗か発酵かの違いは何となくお風呂のお湯でもわかるけどどれくらい乳酸菌が優勢なのかまではわからない。
乳酸菌が負けてしまう菌がいて、少しずつ増えてくることもあり得ます。
例えば人の体。
人についている菌はそれぞれ。
体調によっても変わってきます。
元気なうちは皮膚の常在菌におおわれていてお湯に使っても悪さはしません。
でも体調不良、ケガなどで黄色ブドウ球菌なんかが繁殖した体で入れば雑菌がうようよします。
乳酸菌優勢でぱくぱく食べてくれたならいいけどそんなのはっきり見えないですよね。
今は発酵の匂いと腐敗の匂いをかぎ分けられる人も減ってるそうな。
ってなってくると判断がしっかりとできない。
私も食べ物の発酵の匂いはかなりわかりますが今回のお風呂に関してはけっこう悩みます。
発酵臭だけど他のものが混じってるのかがまだ経験がないために迷うんです。

こんな話を(^^)
重症なアトピーの人にも効く化粧水があったとします。
これを患部に直接塗れば必ず治るし、普通肌の人ももっと肌が綺麗になります。
それを聞いてアトピー人も肌に問題のない人も飛び付いて毎日塗りました。
すると肌に問題のない人はどんどん肌が綺麗になるのにアトピー人には全然変化が現れません。
アトピーに絶対効くと言われたのになぜでしょうか?

なぜだかわかりますか?
それは患部に直接塗れないからだそうです。
黄色ブドウ球菌なんかは頑固に住みついちゃうと患部を蜘蛛の糸のようなもので覆ってしまって外から攻撃されないように守ってしまうんですって。
だから薬もいいという化粧水も弾いちゃう。
まずはその蜘蛛の糸を何とかしないと患部に塗れないのです。
菌にとっては生きるか死ぬかの問題です。
それほどバリヤを張るのもおかしくないことなんでしょう。
患部にバリヤ張るほど強固にいてしまう肌の人がお湯に浸かれば、
いてほしくない菌がたくさん紛れこんじゃいますよね。
それをすべて退治してくれるほど強固に乳酸菌がはたらいてくれているのか。
それがわかる?と言われると今はまだそこまでわかりません。

これはネットでいいことばかりがあがってきたことで急に冷静になった私が自分を戒めるために書いてます。
まだ判断が付かない。
誰かにとって良かったとしても誰かには悪影響が出るかもしれない。
これを忘れていいこと書いちゃうのはいけませんね^^;
もちろんこれを読んでくれた興味のあるお友だちにこうだったよ、あーだったよって話はどんどんしますのでふってくださいね。
反省したのであって、共有したくないということではないので(^^)
だって安易なこといって小さな子供さんに何かあったらと思うとね。
Rさんのおちびちゃん二人なんて見るたびにたまらん可愛い。
もーおばちゃん何でも買ったげるよと言いそうになるくらい可愛い。
可愛いから不安にもなったのであります!

とながい前置きで抜いたお風呂の底はと(笑)
で。。。。あ。。。。もう時間がない。。。このつづきは夜に!
だってここまではアップしときたい。
朝に必死にかいたんやからー(笑)

また夜に(^^)


我が家は酵母菌が一杯です。
ちょっとほっておくとすぐに醸される(笑)
ご飯なんてお得意で、煮物の煮汁もすぐにブクブク。
カボチャなんてすぐですね♪

そんだけ菌だらけなんですが今度は乳酸菌を育てたくなりました!
もちろん酵母菌と乳酸菌は切っても切れない関係なので我が家にもいるとは思います。
でも今回は酵母菌についてきた!、ではなくて乳酸菌を育てたくなったんです(^w^)

大量に使いたい。
お金はかけたくない。
植物性の強い乳酸菌がいい。

で、選んだのがお米の磨ぎ汁です。
ありふれてます(笑)

濃い米の磨ぎ汁、粗糖、塩を炭酸のペットボトルに入れて出来上がり。
お日様の直射日光に当てて発酵させるといいみたいなのでお日様に当てて発酵。

我が家は南向きなのでお日様には困りません。
その代わり干し柿を作ろうと日影を探すほうが大変なのです。。。

夜に作って翌日の夕方には軽く発酵。
でも念のためもう1日同じように発酵させてしっかりプシュッというくらいまで。
半分はうがいと料理用にキッチンに持ってあがって、残りはおふろへ。

そもそも乳酸菌を作りたかったのは乳酸菌風呂に入りたかったから。
免疫力アップ、乾燥予防、常在菌援助でしっとり肌。
肺から、粘膜からとりこみたい!

そして興味がわくのが乳酸菌が優勢になったら雑菌を殺しちゃうこと。
え?え?え???
お湯継ぎ足しでいいってこと?
どんどん菌が強くなるように培養できるってこと?
もーそうおもったらワックワクです。

引かないでくださいね?
菌好きはこんなところに興奮するんです。
他人に迷惑かけずに自分の体で人体実験してる間は許してくださいね?
家族にも強要はしません。
ただ最初は黙ってるだけ(笑)

1日目。
乳酸菌どぼどぼ。
ただの乳白色なお風呂なだけ。
入り心地はまぁ普通。
残り湯半分使って洗濯して残りは蓋をしておいときます。

2日目。
恐々と蓋を開ける。。。。(;・ω・)
クンクンにおいをかぐ。
お湯を抜き忘れた翌日の蒸れたような嫌な臭いはなし。
なし!!
これってすごくないですか?
だってもう2日目で普通はくさいでしょ!?
足し湯をしてまた新しく乳酸菌どぼどぼ。
責任をもって一番風呂に入る。。。
問題なし。
家族も疑問を持たずに普通に入る。
よっしゃ。
2日目OK。

3日目。
昨日よりもドキドキで蓋を開ける。。。。(;・ω・)
おわ。
乳酸菌ペットボトルの薄い香りがする。
発酵臭。
うわ。
これ爆発的に乳酸菌が増えてる臭い。
相変わらず蒸れた古いお湯の臭いはなし。
昨日お湯を減らすのを忘れてたので足し湯をする前に花壇へ大量に水やり。
半分になったところで足し湯してまたもや責任をもって一番風呂。
ちょっと勇気がいります。
でも入ってみると問題なし。
不思議。
発酵臭に慣れてないと嫌な臭いかもしれませんが気になるのは最初だけ。
お湯もなめらかで気持ちいい。
一応家族には3日目と伝えたけど「めっちゃよかったわー」と長めのお風呂。
す、すご。

どうしよう。
どこまで試してみよう?
さすがに四日目は怖いなぁ(笑)
。。。と言いつつお湯は残してあります^^;
どんどん乳酸菌は強く発酵してきているようです。
た、楽しすぎる。
昔、発酵風呂って見たことあるんですよねー。
それは何で発酵させてるのか知らないけど数年継ぎ足し言ってたっけ。
ビックリするけど菌が発酵し続けると腐敗しないのは菌の共通した事実ですよね。
まだそこまでの覚悟はないけど、あのまろやかなお湯は家族にも好評だし短い周期で続けていこうかな。
これから風邪の季節でもあるので♪

201611042154462b3.jpg

画像は継ぎ足し前の米の乳酸菌。
お日様に当てて発酵させてるので発酵臭は強めです。
2016091804434859e.jpg


朝4時半。
ぱんの仕込みと起きて歯を磨きながら目がさまよう。
「・・・味噌。もう出来てるわぁ」
仕込み前に混ぜておく。
いい香りで出来上がり。
次のを仕込まなくては。
味噌って作るの簡単なのに日持ちがして美味しいってなんてありがたい物なんだろう。
茹でて潰してこねくりまわすだけやもんなぁ。
ホントにありがたい。
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村