本 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
☆★☆ eplesuからのお知らせ ☆★☆





■オーガニックハウス サルーテ 京都さんでパンの販売をします!>
オーガニックハウス Salute 京都




■ H29年9月10日10:00~3:00すてき発見市に出店します♪
JR山崎駅前 離宮八幡宮さん境内です。


■ごりごりの里に出店します!
H29.9.18(月.祝日)
城陽文化パルク

■酵母教室、パン教室を始めました。 カテゴリー「酵母教室の案内」「パン教室の案内」に日付など詳しくのせています。

■ネットショップ始めました。
クロネコヤマト代引き、ゆうちょ銀行振り込みでお支払いしていただけます。
eplesuぱん。〜ヴィーガン自家製酵母パン〜でパンやクッキーなど販売しています。
遠方の方はぜひご利用ください♪






珍しく時代小説。
このおじいさんの和菓子が食べたい。
スポンサーサイト


ささら さやの人。

可愛い探偵さん。
これを読むともう一度不思議の国のアリスを読み直したくなります。
この続きも読んでみよう。

[本ーーーー政と源]の続きを読む


完結していると思い込んで読んだらまだ完結してなかった。
先が気になる。。。
泰王は帰ってくるのか。
泰麒は麒麟として復活するのか。
陽子の動きは?

完結してから一気に読みたかった。
20170419110727d8e.jpg


久々の村上春樹。
つきももさんに借りて読んでみた。

ブラボー。
物凄く面白かった。
そして物凄く疲れる本だった。
この本は書くのも疲れるものだったんじゃないかと思った。
書くのも時間も長くかかったのかもしれない。
読むのはすごく時間がかかった。

深層心理を表しているのだろうか。
誰もが深い自分の闇を抱えている。
そこから逃げて生きれば何も掴むものはない。
その闇に向かい合って見つめてこそ自分と周りのものたちが見えてくる。

全く自分と関係ない人が分かれ道のヒントを落としていくことは多々ある。
眉を潜めて「変な人だ」と思ったり、その場では流してしまうような些細な事だったり。
でも一人で冷静に向き合うと必ずそこにあるヒントに気づくときがある。
そんな時は絶対に喉に何かが引っ掛かっているような不快感が心にあるからイライラムズムズしてわかる。
その時に冷静に自分と向き合って闘えるかで答えが見つかるか見つからないかが決まるような気がする。
逃げる者には何も与えられない。
何もつかめない。

最後この主人公に平和が訪れた事に心底ホッとした。
そして自分の中が希望に満ち溢れるのがわかった。
私もまだ自分と向き合えるし、色んな人が落としていく物を拾い集めることができると思った。

すばらしい本をありがとう。
久々に何とも言えない感動で涙が溢れた。
20170318222718bae.jpg

この本を初めて見たのは本屋さんだった。
何気なく本棚をサーッと見ながら歩いているとすごい違和感を感じて立ち止まる。
「あれ?何か今すごい文字が見えた気がしたけど気のせい?」

人間の目ってすごいと思う。
一瞬、流して見ただけで頭に入ってるんだから。
あまりの違和感に本棚の前に 戻って一段ずつ丁寧に見ていく。

「!!!!!」
この題名が目に飛び込んできた。
目で文字を見てるのにあまりの衝撃に言葉の意味が頭に入ってこない。
唖然と真っ白な頭で文字を見つめる。
「あ~ちゃん何してんの」と娘の声で我に返りその場を離れた。
そこからはすっかりこの本のことも忘れていた。

数日前、ネットで再びこの題名を目にした。
やっぱり衝撃で意味を考え込んでしまう。
内容を検索するとイヤらしい本ではなく真面目な内容だというのがわかった。
この題名で真面目な内容って?
夫と書いてあるってことは作者は女性でこの夫の妻?
ぐるぐる頭のなかが回ってとうとう買うことにした。

ちょうど今月末に期限の切れるポイントがこの本の値段とほぼ一緒だったから全額ポイントで買えたのも大きな理由。

読むとやっぱり唖然として読む手が止まらなかった。
共感出来るとか出来ないとかそんな次元ではなくてずっと唖然なのだ。

少ししんどい思いもあるけど読んで良かったかな。
不思議な感情で読み進んだ本。

[本ーーーーーー夫のちんぽが入らない]の続きを読む
20170202134828404.jpg


かのこちゃんという小学生の女の子の家族と玄三郎とマドレーヌ夫人のお話。
玄三郎とマドレーヌ夫人は夫婦。
玄三郎は犬でマドレーヌ夫人は猫。
犬と猫で夫婦なのだ。
玄三郎は柴犬。
マドレーヌ夫人はアカトラの猫。



1巻はこちら
三浦しをん。
このシリーズ大好き。
ゆっくり丁寧に生きている田舎の人たちの生活が書かれています。
山の神様に毎日手を合わせて山で仕事をさせていただく。

このさせていただくって言うのが素敵だなと思います。
叱られたではなくて、叱っていただいたという書き方も出てきます。
謙虚に善意として受け取れれば学ぶことも多い。
結局は本人の受け取り方次第。
プラスにするもマイナスにするも自分次第なんですね。
我を折るのはすごく難しくて大変だけど しんどい思いをしてでも実行してるといつか楽になる。
周りの人たちとの繋がりを感じて その繋がりに感謝と暖かさを感じる。
我を折らず自分本意に流れればそのときは楽だけど、いつまでも我と闘い安らかな時がこない。
いつまでも孤独。

情けは人のため為らず。
この言葉を大切にするようになって。。。。6、7年でしょうか。
前の仕事を始めてすぐの頃は「なんで私がこんなことまでしてあげなあかんの?」「ここまでしてあげるべき?」「プライド捨ててまで、我を折ってまでせなあかんの?」と毎日のように思ってました。
罵倒されても笑顔?
星の金貨のように全てを投げ出せと?
左の頬を叩かれたら右の頬を出せと?
恥ずかしい話ですが、堪り兼ねて「ここまでするべきなんですか?ここまで甘やかすべきなんですか?」と直談判したこともあります。
その度に「してください。(本当は意味がわかってやるべきですが)意味がわからなくてもやってください」と言われ不承不承するといった最低なやり方をしていました。
意味もわからず嫌々続けること数年。
最低な私に「いつもありがとう」「あんたが見ててくれるからホッと安心できる」なんて言って頂けることが出てきて、
私の失敗にも「かまへん。わざとじゃないのはわかるから」「いっつもしてくれてるし許しとくわ 笑」と文句ひとつ言わずにゆるしてもらえたり。
八つ当たりのように罵倒されていたら庇ってもらったり、援助を呼びに走ってくださったり。
ここまで来てやっと恥ずかしい自分を振りかえることができました^^;
情けは人のため為らず。
与えたように見えるものも全て自分に返ってくるのだから傲るべからず。
しょせん自分のためなんだから与えてる気になってるのがおかしいと気付きなさいと(笑)
おー恥ずかしい(>o<")
今でも恥ずかしい事を繰り返してやらかしまくってるのでダメダメは変わってはないんですけど。
まぁそれも「なあなあ」です。

話が逸れましたが、なんとも暖かくて清々しい気持ちになる本です。
私もゆっくり丁寧に優しい気持ちで日々を過ごしたい。



情けは人のため為らずなんて言ってたら悪い人に利用されるのではないかと友達と議論したときの会話。

「もとが純真無垢な聖人君子じゃないから汚い心は自分の中で見慣れてるかも」
「あ、だから胡散臭い臭いはけっこう臭いかぎ分けるかもって?」
「そー!ズルさを持ってるからズルさを見抜ける?」
「なるほどー。そしたら欠点も意外と役にたつやん♪」
「でも上は上がいるから油断禁物(笑)」
「そや!」

自分の嫌なところも含めて自分と言うことなんでしょうか。
欠点にも救われる。
確かに見抜く目というのも必要ですしね。




読みはじめは失敗したかなと思ったけど読むうちに面白くなった。
これも続いてるみたいなのでまた読んでみようかな。
このおばあちゃんすきだなー。


娘の本。
ドラマを見ていた娘が読みたいと買ってきて薦めてくれた。
最初はかるーいなと読んでいたけどキャラクターに愛着がでてきて続きを楽しみにしている。
キャラクターに愛着が出るとやめられないね(^^)
まだ続くみたい。
子供の永久君釘付け。