かもめ食堂とめがね | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
今さらですが「かもめ食堂」と「めがね」みました。
どっちも小林聡美ともたいまさこが出てる映画です。

かもめ食堂は休みの日にホッコリと。
前日が朝8時から夜の11時半までぶっ通しで仕事だったので引きこもりになって体を休めてたんです。
そんな日にピッタリの映画でした。
独特の空気感があって思い出した頃に何度もみたい映画だなと。。。
ほんとみんなが言うみたいにこの映画みるとシナモンロールが作りたくなりますね。
あったかいシナモンロール、それと素朴な和食が食べたくなります。

めがねは仕事が終わってからすぐに何もしないでスイッチオン。
そのために朝、夕食の準備も半分くらいしていってたしね。
これもとっても穏やかな映画。
私にもこんな場所や人達との出会いってあるんだろうか。
海のシーンが淡々と流れてるところでもつい引き込まれて見つめてしまいます。
たそがれるための場所。
っていうかたそがれる人たちが集まる場所?
これも疲れた日に繰り返し見たいと思う映画でした。
こっちは丁寧に炊いた小豆とシンプルな蜜をかけたカキ氷が食べたくなる(笑)


小林聡美って昔から大好きです。
やっぱり猫が好きの時からかな?。
この人見てると素はどんな人なんだろうと考えてしまいます。
穏やかで静かな人なんだろうか、それともガハハと笑う少し賑やかな人なんだろうかって。
なんか素の姿をみてみたいなぁ?って思っちゃうんです。
こんなことを思うなんて他の人ではないんですが。
なんか気になるんですよね。
あ。。。
静か、賑やかなんてのは一面でしかないからそんなことじゃなく
素の時に周りで流れる空気感や雰囲気が知りたいいんだろうなきっと。

めがねを見終わった後、すぐに頭に浮かんだ友達がいました。
今日は元気してるかな?そう思ったら昨日焼いたパンをおすそ分けしたくてたまらなくなったんです。

見た目はすごいブサイクなパンで決して成功とはいえないんですが
少し甘い味がホッコリさせてくれる感じで今の気分にピッタリ。
ドライフルーツとお正月の残りの黒豆入り。
この黒豆は田舎のおばちゃんが炊いて送ってくれたもの。
種から大事に育てて煮豆にしてくれたものだから絶品においしいんです。
見た目は悪いけどおばちゃんの黒豆入りだからウマいんですと手紙を添えて。。。



子供たちも気に入ってくれて朝この状態で置いておいたのですが帰ったときには半分に。
家にあったお煎餅にも手をつけずに二人でトースターで焼いてパンを食べていたのが嬉しかった。

友達もおすそ分けしてすぐにお礼の電話くれました。(娘が運び屋さんしてくれたので)
すごく嬉しいと言ってくれてますます温かい気持ちになりました。
うん。
やっぱり今年は好きな人や物は好きとちゃんと言おう。
きっとそれって人を大切にすることにもなるけど自分を大切にすることにもなるから。
ぜんぶぜんぶ大切に。

↓↓↓ ランキングに参加してみました♪
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト