初めてのテスト期間 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07
娘が初めて中間試験期間に突入しました。
成績にモロつながるテスト。
昨夜からちょっとナイーブになってました。
苦手な社会から始まるので余計みたい。
そんな緊張しんで大丈夫よと言うのですが深い眉間のシワはナカナカ消えません(笑)

娘は小学校の時に勉強がわからなくて困った経験をもってます。
低学年の時、人見知りな性格が災いしてわからないところを質問できず
家ではわかるといい格好をしてしまったためについていけなくなって
授業が怖くなってしまったのです。
「学校に行きたくない」と泣き出した小学3年生の娘。
そこまで極端についていけてなかったわけではなかったのですが、すっかり自信をなくしてしまってたんです。
家族で話し合いをして4年生の春休みからマンツーマンの塾に行くことにしました。
春休みの間に3年生の復習をしてしまうために毎日3時間の塾通いを休みの間ずっと続けて
4年生の授業が始まる頃にはミンナと同じところからスタートが出来ました。

そんなどん底を知ってる娘だからこそ初めてのテストにドキドキしてんだと思います。
もう塾通いも4年目。(今はマンツーマンではなく集団授業のほうに変えました)
辞めるという選択は彼女にはありません。
またついていけなくなったら・・・と思うと怖いそうで。

でも勉強に自信がついたおかげで娘の人見知りが随分マシになりました。
今では人の前に立って何かをやるのが大好き。
だから役員とかも引き受けてきて色々やってます。
目立つこと、人に頼られることが大好きなんだそうです。
そんな娘を見てると昔とは違う姿に親はびっくり。
小学5年くらいからそんな変化を見せ始め、担任の先生に話を聞くたびにあんぐりしちゃって。
色々とあって大変だったけど彼女にとっては自分を磨く必要な試練だったのかなと今は思ってます。

息子は要領がよくて基本授業を適当に聞いてたら勉強にはついていけるんです。
だから成績で1や2を取るとか赤点になるとかって心配はまずなく、平均を保てる子。
それゆえ努力をしない。
困ることがないから適当で何でも済むと思っちゃってるんです。
甘えた一人目ちゃん。
我が家はお金持ちではないけどド貧乏でもない。
だからハングリー精神なんてあるわけもない。
テストだ、受験だとナイーブになったこともないし。
彼はこれからいつか大きな試練にぶち当たるんだろうと思う。
その時をちゃんと私は見てなくちゃね。

   ***




塩麹をまぶした豚肉。
このままダンナッチの帰りを待ちます。

110517_2215_01.jpg

野菜とキノコたっぷりのトマトソース。
これにも塩麹がはいってます。
ダンナッチはお肉にかけるトマトソースはよく煮込んで酸味が飛んだものが好きなのでよくよく煮込んでます。
だから色が悪い(笑)

息子はこれをガーリックライスにかけてチーズをまぶしドリア風に。
娘はこのソースとフランスパンで夕食にしました。

110517_2229_01.jpg

こちらはお弁当のおかず。
ピーマンを刻んで塩麹をまぶした状態。
このまま冷蔵庫に入れておき、翌朝炒めてかつおと醤油で和えて完成。
これに塩麹使う意味があるのかわからないけど何となく気分で。


↓↓↓ ランキングに参加してみました♪
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト