ノンアルコールビール | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


最近ノンアルコールビールを家で飲んでます。
この朝日ドライゼロがお気に入り。
今までのノンアルコールビールは麦の味が強くて味が苦手だったんですがこれは美味しいです。
本物とは違うけど朝日ドライによく似せてあると思います。
家では習慣としてお風呂上りや手が空いたときにビールがほしくなってたんです。
だからそんな時にこれを一本。
そしたら十分満足できちゃうんですよね。

ダンナッチは家でどれだけ飲んでも酔わないらしくて
酔わないからこれまた習慣的に手を出していたって感じだったようなんです。
最初はこれでは物足りなかったようですがだんだんと慣れてくればこれで十分一息つけるようになってきたようです。
最初から酔わないのであればノンで十分。
普段肝臓を休めてたまに外で楽しく飲めばいいと気づいたようで最近は外でのビールを楽しみにしているようです。
普段飲んでないとたまのお酒が快調に飲めるようでそれがうれしいみたい。
それはそれで問題か?とも思うけどまぁそれでも全体で見たらアルコール摂取量はグンと減ってると思うのでヨシとします。
我慢我慢という意識をせずにアルコールを減らせるのはすごく嬉しいことですね。
ダンナッチはお酒の量と比例してイビキもマシになりました♪

ダンナッチはもともとアルコール分解力が強いです。
アルコール分解する遺伝子は両親から一つずつ受け継ぐそうでダンナッチは両親から強と強を受け継いでると思われます。
私は強と弱を一つずつ受け継いでると思います。
(因みに弱と弱の人は俗に言うゲコになるんだそうです)

なぜそう思うかというと二人のアルコールの飲め方の違いが大きいからなんです。
ダンナッチは初めてお酒を飲んだ時から二日酔い知らずでグビグビ飲めていたのに対し、
私は最初少量ですぐ酔って二日酔いになってしまいよく辛い思いをしました。
それが飲むうちに少しずつ飲めるようになってきて量が増えてきたので最初から沢山飲めたわけではありません。
鍛えて飲めるようになったってくちです。

この鍛えて飲めるようになった人というのはミトコンドリアの中の酵素以外の酵素も使ってアルコールを分解しているんだそうです。
その外の酵素がアルコールを飲めばどんどん増えていく酵素なので強くなるという仕組みなんです。
強くなるならいいやん?って思いますがそれがそうでもないらしく、この外の酵素というのは毒物を代謝する酵素でこの酵素が働きすぎると薬が効きにくい体になってしまうそうです。
そしてこの酵素をよく使うと活性酸素も沢山生まれてしまうらしいです。
やっぱりもともと弱い人がお酒を習慣的に飲んじゃうとかなりの負担となってしまうようです。
もちろん強い人も肝臓に負担がかかるのでよくはないんですが…。

お酒は自分のミトコンドリアにあった量を飲むのがいいとようやく気付いたので家ではノン、
たまに外で少量楽しくいただくってことにしました。

アサヒビールさん!
美味しいノンアルコールビールを作ってくれてどうもありがとう♪


関連記事
スポンサーサイト