お出掛け…パン編。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
お出かけ…パン編。

sumiさんとつきももさんとお出掛けをする前日に夜中3時までかかってパンを焼きました。
押し付け便をしようと企んで(焼きたいからと迷惑もかえりみず 笑)焼きまくりました。
下手くそなパンを押し付けてごめんね。




リュスティック。
焼きが甘かった。。。
怖がらずもっと焼き混まないとだめですね!
一番最初に焼いたのが美味しかったのにドンドンそれから離れていってしまってる。。。

20130310_225847.jpg

捏ねの少ないリーンなパン生地で黒豆を巻き込んだパン。
黒豆は黒千石。
小豆ほどの小粒で黒豆っぽくありません。
言わないと黒豆ってわからないかな?
この捏ねの少ない生地もどこまで捏ねるのかがよくわかってないので悩むところ。
味の深みに発酵時間は関係あるけど捏ねは関係ないのか、
捏ねは食感のみに関係あるのか。
この辺がわかってくるといいなぁと思います。
これも焼き色が薄い。。。
ちゃんと焼き色がつかないと旨味が出ないから焼き色をつけたいのにだめですねー。
250度が最高のオーブンなのでできる限り上げてはいるんだけどまだ甘い。
高温まで上がるオーブンほしいなぁ。
次は高温で焼きこむ時間を長めに取ろう!

20130310_225932.jpg

上の黒豆と同じ生地で胡桃とシナモンを巻き込んだパン。
この組み合わせは不味くなるわけがない組み合わせです(^^)
下手くそでも胡桃とシナモンが助けてくれます。
大好きなパン。
これも焼きこみ注意しよう!

20130310_230012.jpg

ピーナツクリームパン。
これは家族用です。
sumiさんとつきももさんんは甘すぎるかなとお渡しはしませんでした。
食パン生地にタップリのピーナツクリームを巻き込んで焼いてます。
菓子パンで家族は喜びます。

あ!
角食写真とるの忘れた!
角食も押し付けてしまいました(笑)

やっぱりコクがなくて旨味の少ないパン。。。
ガックリ肩を落としちゃったんですが形は普通になってくれたのでそれはヨシです。
旨味。
いらんことをし過ぎなのかな。。。
食感、ふわ度のために油脂を入れてたけどこれを抜いてリーンな生地に戻そうと思います。
粉の味が生きないのは油脂な気がしてきたので。。。





この日あじき路地に遊びに行きそこでパンを買ってきました。
場所などの詳しい説明は次の生地でゆっくり書かせてもらいますね。

20130310_230053.jpg

日曜のパン屋さん。
北山にあるラミデュパンと言うところのパンを日曜だけ運んで売られてるんだそうです。
フランスからの耐火煉瓦輸入してフランス人の煉瓦職人呼び寄せて作った石窯でフランス人のヴィンセントさんが焼いてるそうです。
(なんか書くのややこしかった!)
ヨーロッパのオーソドックスな製法にこだわられているそう。

バケット。
このバケットはどっしりとした重めかな。
天然酵母だということなのでこの重さもありなのかもしれません。


20130310_230124.jpg

中身。
粉の旨味があります。
やっぱり粉の旨味はいいなぁ。




カンパーニュ。
ものすごいめくれあがってます。
こんな向きのクープを初めて見たのでビックリ。
メリメリっと膨れ上がって美味しそうに見えます。

20130310_230207.jpg

中身。
感動的な美味しさではないけど粉の旨味がよく感じられてホッとするお味。
毎日食べても飽きないようないいパンだと思いました。
このカンパーニュはシンプルで好きだなぁ。
こんな風に粉の味を大切にしたパンを焼きたい。
あ、これは天然酵母だそうです。
何の酵母かは不明…。
この日にお店に来てた方はパンのこと全然わからないみたいで(T^T)
お客さんとの対話を大切にしたいって書いてあったので色々聞くのを楽しみにしていたので残念でした。

20130310_230232.jpg

中身。
カンパーニュの内相ってどれが正解なのかなぁ。
よくわからないのでこれも知りたい。

20130310_230303.jpg


石臼引きの粉を見つけて思わず買いました(*^^*)
石臼引き大好き。
旨味が一杯あって美味しいです。
また焼かなくちゃ♪

この粉を買ったお店もまた次の記事で!


美味しいパンを堪能してまたやる気がでました(^^)
粉の旨味があるパンを焼くぞ!


関連記事
スポンサーサイト