日常のありがたさ | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


去年の9月頃に撒いたケールの種がようやくここまで大きくなりました。
自家製ケールでグリーンスムージーが作れるようになるかな♪
楽しみ楽しみ(*´∇`*)


(ここからは重い内容ですが結果何でもなかったことなので軽く読んでください)


数日前、人間ドック結果が返ってきました。
異常なんてあるわけないと思って結果を見ると再検査の案内が目に飛び込み…。
マンモでひっかかり左胸に影が見えるので至急再検査とかいてありました。

乳ガン。
ドキリとしました。

職場でも相談すると病院の指定まで受けて今すぐ行くようにと言われ待ったなしで再検査に向かうことになりました。
色んな人の顔が浮かびます。
それだけ乳ガンという病気を抱えてる人は多い。
ありがたいのは乳ガンを抱えてる男前な人を知っていること。
前向きに頑張ってる人が笑ってること。
万が一のときはその人と同じ選択をしようと思えること。

網膜剥離の時、当日に即入院となったので万が一ということもあるのかななんて思いながら病院へ向かう。
これから先どうなっちゃうんだろう。
パンの勉強なんて言ってられないのかなとか、この間手術したばっかりなのにとか色々ぐるぐる。
つい最近入院してる私にはマタモヤ意外な病名が突きつけられちゃうかもと不安で一杯。
この数年は病気の年なんだろうかとか、再検査だけで異常なくらいぐるぐる。

ダンナッチがこの年齢で死んで私が残されるとしたら自分が先に死ぬのとどっちがいいだろう。
年老いてからならダンナッチを看取って死のうと思ってる。
でもこの年齢だとしたら?
今って言われたら…自分が死ぬ方が私の悲しみは少ないのかもしれない。
今ダンナッチが消えたら私はどうなってしまうのか考えられない。
そんなことまでぐるぐるぐるぐる。

マンモ、エコー、触診。
結果は異常なし。

ホッと肩の力が抜けました。

でも残りあとどれくらい私に時間が残ってるのかなんてわからない。
愚痴や文句言ってるうちに終わっちゃうくらい短い時間しかないかもしれない。
やりたいことなんて何時からでも出来ると思い込んでるけどそうじゃないかもしれない。
ただでさえ40才。
やりたいことは徹底的にやらないと後悔するなと。。。

ドキリとしたけど結果は何もなく終わりました。
心配だった骨密度も大丈夫。
炭水化物を取りすぎてて中性脂肪が上がってたら…と思ったけどそれも大丈夫。
脳も大丈夫。
肺活量も大丈夫。
心電図、負荷心電図も大丈夫。
肥満でもメタボでもなかった。
血圧も大丈夫。
子宮も胃腸も大丈夫。
全部基準値の前半から真ん中位の数値で問題なし。

体が元気だと心も元気でいるのは簡単です。
後悔しないためにも文句や愚痴に時間は使ってられません。
前向きに!
改めて毎日の過ごし方を意識させてもらえる出来事でした。

関連記事
スポンサーサイト