興味深い話。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
辻調のスクリーニングで興味深い話を聞きました。
酒種酵母で作った木村屋のあんパン。
これをパン職人が作ろうと思うとうまく作れないんだそうです。
なぜだと思いますか?

それはパン職人の手にはイースト菌がついているからだそうです。
「僕たちがあのパンを作ろうと思ってもうまくいかないんですよ。それは僕たちの手にはイースト菌が一杯ついているから。麹菌ではなくイースト菌ね」
と言われました。

それを聞いてものすごく納得した私。
ずっと酒種酵母でパンを焼いていてイーストは初めてに近い状態で挑んだ辻調通信。
パン生地は扱えるはずなのにイーストのパン生地が言うことを聞いてくれない。
ベチャベチャくっついてイーーーーッと発作を起こしそうなくらいひどい。
何で!?って落ち込んだけどこれで納得。
私の体にはイースト菌がいなかったからダメだったのね。

それにもうひとつ嬉しいことが。
それはスクリーニングに行ってからパン生地状態がよくなったこと。
もちろん扱い方を学んだってことは一番の理由ですが
もうひとつは良いイースト菌を連れて帰ってきたからだと思うんです。

冗談のようだけどこれは絶対にある事実だと思います。
最初家で独学で天然酵母を始めたときはカビがはえたり、発酵しなかったりして失敗ばかり。
でも天然酵母のパン教室に行って酵母を頂いてきてからは失敗しなくなりました。
あんなに発酵しなかった酵母が簡単にブクブクするようになったんです。
今回もそう。
明らかに生地の状態が良くなってるんです。
だからあると思うんですよねー。

天然酵母パンやイーストパンが失敗ばかりの方!
成功してる人の家に遊びに行くか、その人を酵母も連れて遊びにきてもらって下さい♪
嘘っぽいけど絶対にいい菌で成功する思います(*^^*)


ずっと何で?って疑問で落ち込んだりしてたけど私の手には麹菌いてイーストが馴染めなかったのねと安心しました。
今は少しイースト菌もついてくれたのかな。
よく考えるときっと家のなかも麹菌で一杯なはず。
イーストには過酷な状況かもしれないですよね。
でも辻調からイーストを連れて帰ってきた来たから少しは増えているはず。
どっちの菌にも頑張ってもらいたい。

よーし。
頑張るぞい。
失敗ばかりだけど未来はあるさ♪
関連記事
スポンサーサイト