富英堂の酒饅頭。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
ふらーりとお饅頭を買いに行ってきました。
自分で作ってみると和菓子はやっぱりシンプルでいいと実感したので今日の子供のオヤツは酒まんです。
富英堂さんの本店。
他にも色々お店はあるみたいですが私はこの味のある本店にしか行ったことがないです。
やっぱり本店が嬉しい。

2013111516512384c.jpg
2013111516512418a.jpg

富英堂さんの酒まんは大好き。
どこの酒まんよりも美味しいと思います!
皮の感じもアンコの甘さも絶妙で美味しい。



このパッケージ。
六個入って500円だったかな。
庶民的なお値段も嬉しいです。

201311142202179e0.jpg
201311142202194fe.jpg

すぐさま手がのびてきてあっという間に3つに。。。
美味しいもんねぇー。
また自分でも和菓子作ろう♪



息子の入試がありました。
今月にあと2回。
それでダメなら今度は2月。
このご時世だから大学なんて行っても行かなくても同じかもよ?と特に大学入ることにこだわりのなかったダンナッチと私。
でも毎日勉強に励む姿を見てると受かればいいのになと祈るような気持ちになってきました。
別に大学行けなくてもいいんです。
ただ彼の努力が報われればいいなと思うだけ。

最初は名前聞いたことないようなとこしか行けないと言われ
「そんな聞いたことないような大学にしかいけへんのならいく必要ない。しかも京都に住んでるのに学力が低いために違う都道府県に行くのはおかしい。」と私たちはバッサリ切り捨てました。
やりたいことがあるならいい。
でも当初息子はただなんとなくまだ学生でいたかっただけ。

仕事なんて選ばなかったらいくらでもあるよ。
給料がいいかは別。
汚くてもいい、力仕事でもいい、給料安くてもいい、休みがなくてもいい。
そう思えば生きていくために働くことはできるよ。

遊ぶために行かす気はサラサラないよとハッキリ伝えました。
そう言われて真剣に考えたのかダメもとで○○大学を目指してみると言い出しました。
そして勉強に励んで試験が間近になった時、あと2校受けてみたいと言いました。
○○大学と△△大学を受けてもし△△大学受かったらそっちを残しながら◎◎大学にチャレンジしてみたいと。
無理かもしれんけど受けさせてくださいとお願いしてきました。

息子は火がつくとすごい集中力をみせます。
小さな頃は頭の回転が早くて学校の先生にもやらせれば伸びますよと言われ、
塾に行かせればいいとこまで行けますよこの子はと言われヤル気スイッチ押そうとした時期がありました。
でも全くスイッチは入らず。
息子は自分の思った通りにしかしないマイペース人間。
自分の流れを崩されると全く何もしない。
親がうるさく勉強を促せばそれだけしないし、趣味していたランニングでさえも回りから言われると興味を失ってしまいます。
それでいつしか親も学びました。
もう期待はせず本人に任せようと。

高校受験の時も最初は全くヤル気がなくてどん底まで落ちた成績で行ける学校なんて少なくてどーすんの?って言いたくなる状態でした。
内申点が悪いから当日の試験点数をかなりとらないと無理だったんですが火のついた息子はびっくりするくらいの点数をとってきて無事合格。
おーーーっと喜んでこのまま昔で言う2塁入れば?とハッパをかけてみたけど今度はびっくりするくらい悪い点数をとってきて全然ダメ。
だから親が何を言っても無駄なんです。
本人が真剣になるのかならないのか。

大学は本人が言い出したこと。
やっぱり今でも大学はどっちでもいいんじゃない?と思うところがあるんですが息子の頑張りは報われればいいなと思います。
実際、努力している息子の表情は物凄く格好いい。
望んだものが手入ればいいねって思います。
来年春まで気が抜けない日々だろうけどこの努力は必ず自分の糧になるからねって見守ってやろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト