皮膚常在菌を味方につけた酵母化粧水! | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
我が家では酵母化粧水を家族全員で使っています。
元々、息子が肌が弱くて市販品が使えなかったので作り出した化粧水。
もう何年も前から酵母化粧水で落ち着いています。


201411132133483f3.jpg

忙しい、忙しい。
目がまわるーーーーと言いながらパンの本と菌の本はガシガシ読んでます。
読んでは考え込み、何度も読み戻ってはブツブツ言って空を見てるもんだから電車でもちょっと気持ち悪い人。
だって一回では意味が理解できないんやもん。
書いてあることが自分の理論とどこがどう違ってるのか、それを延長したらどんなことが出来るのかとか考えたいことがイッパイでなかなか頭のなかで繋がらないんです。

パンはライ麦を頑張ってみようと五キロ購入してみました。
ライフレークも大量に♪
ちっこいのだと一瞬でなくなってしまってイライラするからまとめて練習しようと思って(^^)
(誰が食べるんやろう。。。怖)

って今は酵母化粧水の話ですね!
今までの酵母化粧水もいい感じではあったんですが完璧ではなく惜しい感じだったんです。
肌には優しいけどもう少しパンチが欲しかった。
それで配合を色々と変えてみました。
変えたといっても残りの酵母化粧水に追加しただけなんで今回は完璧ではないんですけどね。

で、もっ!!
これが激変。
やっとこさ皮膚の常在菌を味方につけたしっとりさが実現出来ました。
上に色んなもん塗ったくるんじゃなくて常在菌に活力を与えてしっとりさせるっていうのがしてみたかったの。
最初は気のせいかと思ってたんですが娘が自分のホッペばかり触ってるから何してんのと聞いてみると
「最近肌がスベスベで気持ちいいねん。友達にも誉められたわ」

やっぱりーーーーっ!?
私も調子いいと思っててん!と一気に調子づいちゃいました。
でもホント、化粧水一本でつっぱらないしカサつかない。
今んとこ夜にシアバター塗る必要もなくなった!
(朝は、ちょっとは紫外線予防になるかなと別の意味合いで塗ってます)

つっぱらないのはなぜか。
それは常在菌たちが活動してグリセリンを出してくれるからです。
汗なんかをエサとして糞尿としてグリセリンを出す。
汚い言い方だけど分かりやすいでしょ?
娘に言うと「もうちょっと良い言い方ないの?」と言われるけど一番分かりやすいと思うんですよねー。
代表的なのが表皮ブドウ球菌。
アクネ菌だってバランスが崩れてさえいなければ肌の保湿に一役かってくれるありがたい菌なんです。
ストレス、食生活、洗いすぎ、男性ホルモンの過剰分泌などによってバランスが崩れると悪さをするんです。
いいと言われる表皮ブドウ球菌だって免疫力の落ちた人にとっては悪さをすることもあります。
病院の集団感染が起きてなんの菌だと調べたらなんとみんなが肌にくっつけてるこの菌だったり何てことも。
日和見が出たらどんな菌だって牙を剥くことがあるからこちらの免疫力も鍛えておかなくちゃ負けるのです。
除菌なんてしまくってたら免疫力なくなっちゃうのでお気をつけを。
大体人の体なんて菌だらけ。
「もやしもん」の主人公みたいに菌が見えたら顔なんて見えないんでしょう。
逆に見える人は常在菌の恩恵を受けていない人?
あ、でもいい菌がいない分悪い菌に覆われてるか?
もともと菌だらけでその菌がないといい状態が保てないんだから菌に対する考え方を考えないといけないと思います。
除菌なんてともんでもない!
いい菌を味方につけて悪い菌を角に追いやるんです。
ゼロにするんではなくて角に追いやるだけ。
沢山だと悪さをするけどゼロだと弊害があったりするので数を減らすんです。

化粧水に話を戻すと(笑)、最近は常在菌恩恵を受けて肌を保つという化粧水が市販品でも出てきているようです。
良いことは研究結果で証明されているからこれからどんどん増えてくるのかもしれません。
アトピーの人や一度バランスを崩してしまった肌がなぜなかなかいい状態に戻らないのか、
何が効くのか、もっともっと知識を増やして納得できるようになろうと思います。

知れば知るほど興味が出てくる菌たち。
やっぱり可愛いわーーーー(*≧∀≦*)
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト