指の怪我と菌と食べ物。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
あーやってしまいました。
スライサーで親指サックリ切っちゃいました。
最近蕪のスライスサラダが美味しくてよく作ってたんです。
慣れからえーかげんにやってしまいました。

縫うほどではないんですがかなりやっちゃって
血に弱い私は出掛けてるダンナッチを大袈裟に呼び戻しました( ̄▽ ̄;)
「手切った。血だらけで吐きそう。帰ってきて。もう無理。」と大騒ぎ。
包丁で指とか切断したら気を失ってその間に出血多量で死んじゃうタイプです。
ダンナッチもすぐ戻ってくれて安心してなんとかなりました。

何が書きたかったかと言うと!
手に傷がある時は手袋をして調理しましょうってこと。
傷があると傷には黄色ブドウ球菌がいます。
それが食べ物で繁殖しちゃうと食中毒が起こります。
食中毒が起こるような菌がわんさかと繁殖しても味や臭いに変化は起きません。
よく粘ったり臭いがしたりするのは腐敗菌です。

調理してすぐに食べるぶんには人の体で対処できるくらいの菌量なので問題ありませんが作って置いとく等した場合は劇的に菌量が増えて危険です。
菌の本を読んでると今まで過去に平気でやっていたことに寒気がしてきたりします。
無知は怖い。
知らないでは済まされないですよね。
なので手を怪我したら手袋をして調理しましょうね。
黄色ブドウ球菌が食べ物につかない工夫が必要です。
そしてバンドエイドだけ貼って素手で調理している人の料理には気を付けましょう。
まぁ目の前で作ってるのであれば問題ないから見えない所での調理が危険なんですけどね。。。
私もバンドエイドとゴム手袋50枚入りをダンナッチが買ってきてくれました。
調理の際はこの二つで菌を落としません!
そして傷口でも化膿菌である黄色ブドウ球菌を増やさないように心がけています。
これは自己判断で怪しいので書くの止めときます。
もし指が腐ったりしたら「やっちゃーダメです」と書くかも(^w^)

菌って知れば知るほど面白いけど、怖さも半端じゃないです。
さいわい今のところ食中毒の被害に遭ったことはないけどそれがキセキのような気がしてくるくらい恐ろしい面を持ってます。
もっとしっかり知らなくちゃ!
ってことで食中毒予防のお話を聞きに行ってきます♪
ちょっとワクワクΨ( ̄∇ ̄)Ψ

皆さんも怪我や食中毒にはお気をつけください。
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト