三分つき米とアマニ。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


三分つき米のおいしさにやられてます。
色々な雑穀を混ぜるんですけど最近はアマニもプラス♪
そしたら堪らなく美味しいんです!
この日はアマランサス、キノア、押し麦、アマニ入り。
ぶっちゃけると南部鉄の鉄鍋で炊いておひつに入れればどんなご飯でも最高なんですけどね(^w^)

20141209200359e23.jpg

この日の夕食。
蕪のスライスサラダ。(サックリ切ってしまったときの)
塩麹でもんでからゴマと和えました。
ドレッシングをかけて食べるので味付けは特になし。

蕪と柚子のお漬け物。
素敵な頂き物♪

生姜の佃煮。
母お手製。

トリムネのチキンカツ。
我が家では豪華なごちそうです。

20141209200402253.jpg

ドレッシング。
前回作った赤大根の酢漬けの残り汁を使って作りました。
美味しく食べたら残る汁。
こういうのは勿体なくて捨てられません!
だってここに一杯栄養素があるのに食べないなんてあり得ない。
全部綺麗にいただきます。
残り汁に自家製柿酢、オリーブオイル、コショウ、酒種酵母を入れてドレッシングにしました。
色も綺麗です(* ̄∇ ̄*)
奥に写りこんでるのはバイトに行くから時間がないと慌てて食べてる息子。

パンに入れるだけでなくご飯に入れても美味しいとわかったアマニ。
また大量に買っとこう。

サックリいった指は驚異の早さで回復しています。
切った二日後の今日はもうずいぶんと楽になってきていて薄皮が張ってきました。
表皮ブドウ球菌を見方につけて化膿菌を寄せ付けずに済んだようです。
職場では「年取ってきたし治り遅いでー」と同い年の同僚に言われていたんですけど私の皮膚の常在菌は頑張ってくれました。
マニアックな話をしても「?」な顔をされるので「私の手も頑張っとるわ♪」と笑っておきました。
恐ろしい自己判断でやったことがプラスに働いてくれて驚きの回復力です。
でも何したかは書かないでおきますね。
あまり誉められたことではないと思うので(^_^;)
三日目の指の状態が楽しみです♪

今年もあと数週間で終わりです。
皆さんも忙しい時間を過ごされてるんでしょうね。
私もバタバタしております。
いろんなことが予定通りに進まなくて焦ったりイラついたりメゲたり。
きっと頭のなかが来年のことで一杯なんだと思います。
30代の延長気分で滑り出した40代。
でも30代と同じではどうもダメなんだと感じ初めて悩んだ1年。
自分が何をしたいのかという単純な事がなかなか見えてこなくて立ち止まった1年。
建前、遠慮、諦め、恐怖、不安。
そんな事に自分の望んでるものが隠されてしまって自分で自分の事がわからなくなってしまって途方にくれてしまっていました。

自分が誰なのかわからない。
私は誰?
私は何を思っているの?
何を望んでいて、何を見ないようにしているの?
何が怖いの?
何から逃げてるの?
なぜそんなに諦めてしまっているの?

ここ数年、自分の悲鳴に気づかないふりをしてがむしゃらに走ってしまった結果、自分がわからなくなってしまってました。
それを紐解いてやっと自分の姿が見えてきたように思います。
自分の心の悲鳴には自分が一番気づかないものなんですね。
すべてその悲鳴に気づいてくれたのは私のまわりにいる人たちです。

パズルのように色んな人たちが大切なキーワードを私に落としていきます。
あの意味は何だったんだろう、なぜ今そんなことを私に言ったんだろうと貰ったものを見つめては考え込みました。
結局は意味なんてなかったのかなと考えるのをやめようと思ったら違う人がまた何かを落としていく。
どんどん私の手の中には色んな人が落としていったものが溜まっていき、ある日すべてを順番に並べてみたらそこに「私」がいた。

まわりの大切な人からもらったもので見つけた本当の私。
この40代は自分が楽しむことのためだけに使おうと思います。
そのためにあと少し変化のために時間を裂いて準備をします。
自分を楽しませるというのはある意味大変なことで勇気のいることでもあります。
でももう見失いないたくない。
悩んで立ち止まるのは今年で終わりです。
ほんと長い間立ち止まってたと思います。
その間パン作りと菌は私を守ってくれました。
夢中になれて希望をもてていたのもパン作りや酵母作りがあったからこそ。
来年はもっともっと夢中になっていきたいです。
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト