繕い裁つ人。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
元気が出た1日の最後です。
びお亭で美味しいご飯を食べて向かったのは映画館。
繕い裁つ人が見たかったんです(*^^*)
小さい頃からよく針と糸で遊んでいました。
もともと興味があったわけではなかったんですが洋裁を教えてもらう機会に恵まれていて大好きになりました。
初めて教えてもらったのは小学生の時。
子供好きな御夫婦だったのですがお子さんがいらっしゃらず私が遊びにいくのを楽しみにしてくださってました。
「こんにちはー」と入ってくと「おっ。来たなー」とご主人が出迎えて下さり、奥から奥さんが「ミユキちゃんこっちこっちー」とはしゃいだように呼ばれるんです。
そこで人形作ったり色々と教えてもらいました。

そのあとは本格的に習ったりして男性用のスーツを作れるところまでいったんですけどもう。。。。
忘れて。。。しまっ。。。。( ̄▽ ̄;)

結婚して子供が生まれたらまたこの洋裁が役立ってくれました。
子供が身に付けるものはほぼ手作りだったし、七五三のスーツやドレスもすべて手作りしました。
育児中のストレス発散がミシンタイムになっていたのかなーと思います。
ほら、ミシンも無心になれるでしょ(^^)
最近ではたいした物を縫ってないですけど(どんどん簡単なものになってるけど)それなりに洋裁は続けています。

昔、寺町通りにあるお店に頻繁に通ったことがあります。
男性用スーツの仕立て屋さんなんですけど、そこのおじいちゃんのボタンホールを縫う技術に釘付けになって適当に服を縫ってはボタンホールをお願いしに行っていました。
ミシンでダダーーッと縫っていかれるんですけどスゴいんです。
きれいに目分量で円を描いて縫っていくところは圧巻で釘付けでした。

なんかタラタラと色んなことを書いちゃいましたねf(^^;
思い入れのある洋裁の話で、エンディング曲も私の好きな人と聞いて楽しみにしていました。
ミシン、床、時計の音。
すごく耳に心地いい音でした。

今の私には響くものがありました。
ずっと人生の岐路とは二股に道が分かれていて右か左か選ばないといけないと思っていました。
一体どっちの道を選ぶのか。
右にいくの?左にいくの?と二つに別れた道のどちらかを選んで歩いていかないといけないと思っていました。
二兎を追う者は一兎をも得ず。
しっかりと選ばないとそうなるのだと追い詰められるように考えていました。
でもこの映画を見て道は二つに枝分かれはしていないのかもしれないと思いました。
自分がどうしたらいいのかわからなくても、わからないなりに考えて歩いてるうちに道は折れ曲がっていくのだなぁと。。。
右か左か選ばなくても真剣に考えて前に進もうとしていれば自分にはまっすぐに見えている道がどちらかに折れ曲がっていくのだなーと思ったんです。
人生の岐路に立っていると思っている当人は本当に苦しい。
どうしていいのかがわからず途方に暮れます。
困難な方を選ぶべきだと思うと、どっちも楽なところが見えてきます。
じゃー楽な方を選べばいいんだと思えばどっちも困難なように思えてきます。
一面を切り取ってみたらどちらにも楽と苦があるのでわからなくなるんです。
正しいのはどっち?と思えば思うほどわからない。
結局正しい道なんてないんです。
言ってみればどっちも正しい。
それだけ自分が選択に悩む二つなんですもん。
どっちかが間違ってるわけなんかないんです。
とりあえず前に進め。
流れに身を任せ、やりたいと思うことをやっていればまっすぐに進んでいても道が自然と折れ曲がっていくんだ。
そう思ったら急に心が軽くなりました。
大事なものを無理に捨てる必要なんかなく、どちらも大切に抱えたままとにかくまっすぐに歩いていればいいんだと思うと涙が溢れました。

充実した1日。
朝から夕方まで体と心の充実感を感じられました。
私が私を好きでいられるようにまっすぐに歩きましょう。
何も自分からは切り捨てず今出来る自分の好きなことをやっていきましょう。
大切なものは腕イッパイに抱えます。
腕のなかを見つめながらうつむいて歩くのではなく大切に抱えているけれど目線はまっすぐ前をむいて歩きましょう。
持っているものを見つめていなければ腕の中は知らぬ間淘汰されているのかもしれません。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
鍵コメさん。
考える時を過ごされてるんですね。
悩みの時ってしんどいけど悩んだ分、何かつかめると思いたい。
何でも逃げて答をごまかしてる人って
やっぱり薄っぺらいと思うので悩みの時は意味のあるものだと思います!
そう思いたい(*^^*)

2015/02/23(月) 22:24 | URL | ミユキ #i5VUjs4Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pupuchi5.blog63.fc2.com/tb.php/1894-e90b4b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック