古代米酒粕酵母であんぱん | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


形が悪いですけどあんぱんを焼いてみました。
あんパン大好き。
あんドーナツも大好き。

20150621233336b9e.jpg

シンプルにツヤも出さず、無骨なお肌で仕上げてみました。
なんか可愛い(^w^)

このパンも菓子パン生地で作ってます。(加糖中種法)
この製法でパンを焼くのが難しい。。。
きっと強いイーストを使って焼くと難しくないんだろうけど自家製酵母でとなるとブレが大きくなってしまうんです。
すごく良くできたときは美味しいけどダメなときはふくらまない。
酵母の出来によるんだと思います。
ある程度まとまった量で酵母も作るから前半は強いけど後半は弱ってもくるのでそのタイミングで焼くと悲しいのができてしまうんです。
安定して美味しいパンを焼くには色々と考えなくちゃいけませんね。
副材料が多いから熟成の味はなくてもいいでしょ?となるとそれも納得がいかないです。
もしかしたらイーストで短時間で焼き上げても味は変わらないのかもしれないけど可愛い私の酵母ちゃんなしで作るのは悲しい(。>д<)


20150621233338b92.jpg

アンコも自分で炊いてみました。
美味しい炊き方がわからないので習ってみたいことの1つがアンコ炊き。
美味しい和菓子やさんのアンコって堪らない美味しさですよね。
サラリとあっさり甘くて美味しい。
そこを目指して必要以上にかき回しすぎないで、甘味も少な目。
もしかして少しは上手に炊けたかしら?なんて思ってたら「甘くない!」と家族全員から指摘が( ̄▽ ̄;)
控えめすぎやで。
もうちょっと甘くないと。
がっくり。
菓子パン生地が甘いからアンコは甘さ控えめでと思ったんですが控えすぎたようです。
次は少しだけ甘さを増やしてみようと思います。

致命的な失敗。。。
アンコを何%の甘味で炊いたのか忘れてしまった。。。(;゜∇゜)
ばかでい。
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト