ライ麦チョロッとのカンパーニュ。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
20150623185219ea9.jpg

古代米酒粕酵母、麻炭豆乳ヨーグルト、紅茶キノコいり。
ライ麦は10%くらい。

十字クープはダメなときのショックが大きいのでつい避けちゃいます(* ̄∇ ̄*)
クープも色々と試してみよう♪

これは頼まれパンだったので中の確認はせずこのままお渡ししました。
中、大丈夫だったかなー。
味も大丈夫だったかなー。

カンパーニュとかを発酵させるカゴは持っていません。
カビが生えそうで、管理が出来なさそうで買ってないんです。
なのでいつもボールやザルに布やペーパータオルを敷いて生地を入れるんですが
コレが嫌になるくらいに、よくくっつくんです(/ー ̄;)
だからついつい粉を振りまくってしまいます。
オーブンに入れようとひっくり返して紙を剥がしたら分厚くついた粉。。。
あまりのひどさにハケでサササーッと落とします。
普通こんな作業してる人いないですよね。
サッサしてこれだけしっかり付いてるんだからサッサしてなかったらスゴいことになってました。
気づいてサッサして良かったー(* ̄∇ ̄*)

家庭用のオーブンでどこまで大きく焼けるんでしょう?
これで粉量250グラムです。
400グラムっていけちゃう?
500グラムは?
500だったら単純に倍量だから楽チンなんですよねー。
大きく焼くと中がシットリするから良さそうですよね。
余熱を今のオーブンの最高350度したらいけるかなー。

最近娘が嬉しいこと言ってくれます。
パンを焼いて味見後の意見を聞くのが娘かダンナッチが最初。
ここはどうすべきかなー、もっとここを目指すべき?、もっと一般受けを狙うべき?と悩みが一杯。
焼けてすぐはグルグルしてますから余計なんです。
そしたら。
「ここの拘りはいいと思う。ここがイラン人は普通のパンを食べといたらいいんやし」って。

(///∇///)(///∇///)(///∇///)(///∇///)(///∇///)

何気なく言ってくれた言葉が嬉しかったです。。。

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト