今年1年を振り返って。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11



■オーガニックハウス サルーテ 京都さんでパンの販売をします!
オーガニックハウス Salute 京都
1月5日(火)11:30~

■ すてき発見市に出店します!
H28年1月10日(火曜)10:00~3:00
JR山崎駅前 離宮八幡宮さん境内です。


*******************************************************

今年ももうあと少しで終わりですね。
長かったような短かったような。。。
私にとって今年は激動の1年でした。
前半はとても辛かった。
4回ほど大きな壁が現れてその度に「やっぱり無理だ」とメソメソしていたような。。。(苦笑)

1つのことを終わらせて新しいことを始めるのは私にとってすごく勇気がいることでした。
終わらせるということは新しい世界に飛び込むということでもあり、新しい世界への不安が決断を鈍らせていたのかもしれません。
自由というのは怖いことでもあります。
誰にも責任転嫁せず自分の選んだ道に責任を持つということはとても恐いこと。
その恐怖が色々と言い訳を生んで思い悩んだのかもしれません。
好きなことを始めるんだからワクワクしかないように思ってましたが実際は逆でした。
でも勇気を出してしまえばやはり大好きなこと。
自分の不安とも向き合えたという気持ちもあるのかもしれません。
勿論その度に助けてくださった方たちの存在も大きいです。
困る度、立ち止まってしまう度に誰かが手を貸して下さいました。
ホントに色んなタイミングで色々な方に助けて頂きました。
本当にありがとうございました。


大好きな癖のあるお茶の香りを深く嗅いでからひとくち飲んだ瞬間。
毎日の読書タイムをして本を閉じるとき。
湯タンポを持って布団に潜り込むとき。

そんな些細なことで、たまらなく幸せだなーってこみ上げてきます。
少し前までは「早く寝んと明日が辛い」と慌てて布団に入っていたのが、
今は「寝っころがれるーーーー♪ありがたやー」って明日の不安ではなく寝転べる事が純粋に喜べる。
気持ちが「こうしとかないと困るから」から「やったー。◯◯出来るー!」に変わったのかな。
単純だけどこの違いだけで幸福感が大きく違います。

これから私は私のやることに責任をもっていかなければならないし、そこは甘えが通用しないのだと思います。
でも始まった今は不安感よりも誠心誠意心を込めて取り組もうと思う気持ちの方が強いです。
始まると闇雲な不安感というのは消えるのかな?
これには来てくださるお客さんが下さった言葉なんかも関係していると思います。
何度泣きそうになったかわかりません。
もう頭を下げてありがとうございますしかありません。
帰られてから「ありがとうございます」と手を合わせることがどれだけあるか。
感謝の言葉が溢れてくる事が断然増えました。
ホントに感謝で一杯です。
まだまだ始まったばかり。
この初心の気持ちを忘れず来年も頑張っていきたいです。
お店に足を運んでくださった皆様。
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト