栗の渋皮煮 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。


大好きな田舎のおばちゃんが栗を送ってくれました。
80を過ぎてるおばちゃんが山から取ってきてくれたと思うだけでうれしくなってしまいます。
優しくていつも笑顔で料理上手なおばちゃんにまだまだ長生きしてもらいたいです。

栗の渋皮煮。
手間は半端ないけど出来上がると美味しくてテンションが上がりますね♪
今回はハプニングありで「まじかっ」ってなったけど無事出来上がってホッとしました。

どんなハプニングかと言うと。
うちの店でだと想像つきますよねー(笑)
栗の渋皮煮は数日に渡って糖分を足して煮詰めていくんですがその途中で発酵してきちゃったんです。
それもありえないくらいぶっくぶくに(ToT)
最初の2日は発酵しかかってるぞくらいだったので「まぁいつものことだ」で済んだんですが3日めがひどかった。
マグマのようにそこからボッコボコわいてきててシュッワシュワの汁に栗が漬かってる状態で。。。
慌てて火にかけると何をたいてるの?ってくらいシュワシュワ(ToT)
きっとコーラーを火にかけるとあんな風になるんでしょうね。
今から思えば写真や動画を撮っておけばよかったんですが。。。
あまりの惨劇に慌てて処理してしまいました^^;

20161009013714fd2.jpg

無事できあがって味見。
大丈夫。
すごく美味しい!

パンに入れるのと保存することを考えて固めに炊きあげました。
常温では数時間で発酵菌が動いちゃうし大慌てで冷凍庫へ^^;
ビン詰めして密封する方が美味しいんだけどものすごく気が急くので(笑)
大慌てて処理するくらい今回の泡立ち方はすごかったんですホントに。

20161009013713d23.jpg

煮汁の発酵もとれてるでしょ♪
炊いて戦いました。
でも発酵菌が中には入ってるので体には良さそうですよ。
一応これも「発酵食品」ですから(笑)
菌は熱で死滅しても腸内細菌のエサとなるので腸は元気になります。

今回炊いたのが2キロ。
ほんとはもう1~2キロほしいとこだけど作れるかなぁー(;´∀`)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト