乳酸菌風呂 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
我が家は酵母菌が一杯です。
ちょっとほっておくとすぐに醸される(笑)
ご飯なんてお得意で、煮物の煮汁もすぐにブクブク。
カボチャなんてすぐですね♪

そんだけ菌だらけなんですが今度は乳酸菌を育てたくなりました!
もちろん酵母菌と乳酸菌は切っても切れない関係なので我が家にもいるとは思います。
でも今回は酵母菌についてきた!、ではなくて乳酸菌を育てたくなったんです(^w^)

大量に使いたい。
お金はかけたくない。
植物性の強い乳酸菌がいい。

で、選んだのがお米の磨ぎ汁です。
ありふれてます(笑)

濃い米の磨ぎ汁、粗糖、塩を炭酸のペットボトルに入れて出来上がり。
お日様の直射日光に当てて発酵させるといいみたいなのでお日様に当てて発酵。

我が家は南向きなのでお日様には困りません。
その代わり干し柿を作ろうと日影を探すほうが大変なのです。。。

夜に作って翌日の夕方には軽く発酵。
でも念のためもう1日同じように発酵させてしっかりプシュッというくらいまで。
半分はうがいと料理用にキッチンに持ってあがって、残りはおふろへ。

そもそも乳酸菌を作りたかったのは乳酸菌風呂に入りたかったから。
免疫力アップ、乾燥予防、常在菌援助でしっとり肌。
肺から、粘膜からとりこみたい!

そして興味がわくのが乳酸菌が優勢になったら雑菌を殺しちゃうこと。
え?え?え???
お湯継ぎ足しでいいってこと?
どんどん菌が強くなるように培養できるってこと?
もーそうおもったらワックワクです。

引かないでくださいね?
菌好きはこんなところに興奮するんです。
他人に迷惑かけずに自分の体で人体実験してる間は許してくださいね?
家族にも強要はしません。
ただ最初は黙ってるだけ(笑)

1日目。
乳酸菌どぼどぼ。
ただの乳白色なお風呂なだけ。
入り心地はまぁ普通。
残り湯半分使って洗濯して残りは蓋をしておいときます。

2日目。
恐々と蓋を開ける。。。。(;・ω・)
クンクンにおいをかぐ。
お湯を抜き忘れた翌日の蒸れたような嫌な臭いはなし。
なし!!
これってすごくないですか?
だってもう2日目で普通はくさいでしょ!?
足し湯をしてまた新しく乳酸菌どぼどぼ。
責任をもって一番風呂に入る。。。
問題なし。
家族も疑問を持たずに普通に入る。
よっしゃ。
2日目OK。

3日目。
昨日よりもドキドキで蓋を開ける。。。。(;・ω・)
おわ。
乳酸菌ペットボトルの薄い香りがする。
発酵臭。
うわ。
これ爆発的に乳酸菌が増えてる臭い。
相変わらず蒸れた古いお湯の臭いはなし。
昨日お湯を減らすのを忘れてたので足し湯をする前に花壇へ大量に水やり。
半分になったところで足し湯してまたもや責任をもって一番風呂。
ちょっと勇気がいります。
でも入ってみると問題なし。
不思議。
発酵臭に慣れてないと嫌な臭いかもしれませんが気になるのは最初だけ。
お湯もなめらかで気持ちいい。
一応家族には3日目と伝えたけど「めっちゃよかったわー」と長めのお風呂。
す、すご。

どうしよう。
どこまで試してみよう?
さすがに四日目は怖いなぁ(笑)
。。。と言いつつお湯は残してあります^^;
どんどん乳酸菌は強く発酵してきているようです。
た、楽しすぎる。
昔、発酵風呂って見たことあるんですよねー。
それは何で発酵させてるのか知らないけど数年継ぎ足し言ってたっけ。
ビックリするけど菌が発酵し続けると腐敗しないのは菌の共通した事実ですよね。
まだそこまでの覚悟はないけど、あのまろやかなお湯は家族にも好評だし短い周期で続けていこうかな。
これから風邪の季節でもあるので♪

201611042154462b3.jpg

画像は継ぎ足し前の米の乳酸菌。
お日様に当てて発酵させてるので発酵臭は強めです。
関連記事
スポンサーサイト