初めてのパン教室も終わりました。 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
20170419030836ae2.jpg
丸め終わって粉をふってクープを入れるところ


初めてのパン教室も終わりました。
二時間ちょっとの間にパンを焼き上げて持ち帰り生地を仕込んで頂くには段取りがちゃんとしていないといけません。
今回はその辺りを勉強させてもらいながらのお教室でした。
なので来てくださった方たちにいつも以上に感謝で一杯な数時間。。。


20170419030804127.jpg
クープで遊んで下さいました(^^)「顔にしてみよーっと♪」


段取りをぐるぐる考えながらの時間でしたが、この日も和やかで楽しい雰囲気を皆さんで作って下さりとってもホンワカ温かい時間となりました。
楽しそうにお話しされながら作業される姿は「楽しんでくださってるのかな~」と自惚れさせて頂く時間でもありました。
もちろん段取りをしっかりと組んで、お伝えする技術を磨いて、努力することは沢山沢山あるのですが、笑顔のお姿は肩の力みを取ってくれる最高のサプリメントでした。


2017041903080500e.jpg
顔クープ焼き上がり。「うわ!怖っ。夜寝れへんわ!」(笑)


オーブンが家にないと打ち明けてくださったこともありオーブンなしで気軽にパンを焼く方法も見つけることができました。(結果その方のお家にもオーブン機能のついたものがあるのが判明したのですが)
私は元々、形から入るタイプではないので完璧に道具が揃っている必要はないと思っています。
やりたいことは自分の持っている物のなかでやれれば良いんだと思うので「パン焼いてみたいけど道具がないからできない」と思われている方もぜひご相談ください。
色んな物で代用ができると思います(^^)


20170419030835901.jpg
焼き上がり。丸めに苦戦されていたのに綺麗な焼き上がりです。


私がしたいのは「気さくに気軽に質問ができて毎日の生活に馴染むような作り方をお伝えできる教室」です。
主婦、お母さん、働いてる忙しい人が自分の時間で気軽に手作りのものが楽しめるようなお手伝いがしたいです。
私自身ずっと忙しい仕事をしながら子育てと主婦をしてきました。
ほぼ家にいない状況でパンを焼くにはどうしたらいいのか。
手の込んだ料理をする時間はないけど体に優しいものを食べさせるにはどうしたらいいのか。
そんな事を考えながらの忙しい時間を過ごしてきた時間は10年以上。
家族が協力してくれるからこそ出来た忙しい生活だったので食事は家族のためになるものを食べさせたかった。
私が嫌だなと思うのは添加物や人工的なもの。
それらを使わないで昔ながらの調味料で家庭で作った物は家族のためになると思っています。
もちろんバランスは大切ですがあまりとらわれすぎないで家族の喜ぶものを作るというのは心の健康にも役立つんではないかと思うんです。
揚げ物はAGEが発生するから体に悪いと言われるけど、
家族がたまには食べたいというなら工夫をして食べさせてあげることは心の健康に繋がると思っています。
その知識と少ない時間の中でする工夫の仕方をお伝え出来れば最高だなと思います。
あくまで私の目線は主婦目線で母親目線。
自分が楽して家族を色んな意味で守りながら心の健康も保つにはどうしたらいいのか。
そこを大切にしています。


20170419030808609.jpg
焼きたてをパカリ♪


なんか長々と書いちゃいましたが思い描く教室に近づけていけたらと思います(^^)
そのためには私も学びの時間を大切にしなくちゃいけません。
楽しくワクワク学び続けられますように。
感謝の1日を今日もどうもありがとうございました!


201704190308079c6.jpg
サラダ、キュウリの中華和え、豆のスパイス炒め、パプリカと豆の具沢山スープ。すべて発酵食品入り。この他にパンの盛り合わせと食後に甘いパンと酵母ジュースを出しました(^^)破裂しそうなお腹にしちゃってごめんなさい(笑)


来てくださった方が素敵にブログを書いてくださってるのでこちらも紹介させてください。
この方はいつも優しい目線で見てくださっていて感謝で一杯です。

酵母教室パン教室も引き続き募集中ですのでよろしくお願いします(^^)
関連記事
スポンサーサイト