寺田屋さんの酒粕 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11
パン教室の先生がまたまた素敵なものを見つけて声をかけてくださいました。
酒粕最高!とか、酒種酵母の米麹の話とかしてたら
「こんなもの見つけたけどいる?もし欲しいなら一緒に買うよ?」って声をかけてもらったんです。

酒種には麹は必需。
近所で買えるのは米麹なのでこの玄米麹っていうのはとっても魅力があり即飛びつきました。
醍醐のしずく、握り酒の酒粕も酒粕好きには見過ごせないですよね?(笑)
板粕は職場の近くでいいものが手に入るのでパスしました。(黄桜、月桂冠があるので)

100124_1119~01

醍醐のしずく(酒粕)、握り酒(酒粕)、かむたち(玄米酵母)の3つをお願いしてました。
でも1月は仕事が忙しくてパン教室も行けなくて頼んだものの取りにいけてない状態だったんです。
そしたら先生が嬉しい電話をくださいました♪
「ふぅちゃん(先生の愛犬)の予防接種に近くまで行くからそのときに持っていこうか?」
即飛びついてOKの返事(笑)
だって先生の行ってはる動物病院は歩いて15分のところ。
いつも犬の散歩で歩いてる場所なんですもん。

で、ワンコを連れて行ったんですが。。。
すぐさま連れて行ったことを後悔。
だってね。
大吉がふぅちゃんが女の子だとすぐに気づいて派手にナンパを始めちゃったんです。
「ね。ね。君メッチャ可愛いなぁ♪ちょっと僕と話しようや。な。な。そんなとこ隠れてんとさぁ。おいでよ♪」
こんなふうに大騒ぎしだして恥ずかしいったらありゃしない!
落ち着いて会話もできませんでした。。。

100124_2007~02

さっそくこの3つを使ってパン作りです。
この3つにはちゃんとレシピがついてくるんです。
けっこう色々なレシピが載っていて1つずつしか買わなかったのは失敗か?って思わせるほど。

上の写真のドーナツは握り酒の酒粕を使って作りました。
粉、酒粕、水、塩、油のみで捏ね上げるというレシピ。
酵母が入ってなくて大丈夫?って思っ炊けど出来上がりはフワフワウマウマで家族にも大好評。

私にはちょっと砂糖が多い感じだったけど3人はちょうどよかったみたいです。
食べ盛りの二人は甘みも体が要求するのかな。


そして醍醐のしずくは酒粕酵母を作ってみました。
これもレシピに載ってるんですが私の知ってる酒粕酵母とは作り方が違います。
冷ご飯か全粒粉を使って作るんです。
ご飯を使うレシピは酒種とそっくりな作り方。
でも酒種と違うのは種の使い方。
酒種はホシノのようにパンに入れるのは大さじ2とかくらいの少量なんです。
でもこの酒粕酵母はレーズンのように100グラムも使います。

酒種酵母とはどんな風にちがうんだろ?
ご飯で種を作った場合と全粒粉で作った場合とでは味や食感がちがうんだろうか?
林弘子さんはパン生地に冷ご飯などを混ぜ込んだらしっとりモチモチのパンになると書いてました。
そんな違いがご飯の場合、全粒粉の場合で感じられるのかな?
今回はご飯で酵母を立ち上げてみました。
ほんとご飯で作ったらまるっきり見た目は酒種酵母です。

かむたちは酒種酵母を立ち上げるのに使います。
まだ沢山あるのでもう少し減ってから作ろうと思ってます。
酒種酵母、酒粕酵母が元気に立ち上がってきそうなので
しばらくレーズン酵母はお休みしようかなと今日全部使い切ってしまいまいました。
今のパンを焼くペースでは3つの酵母のお世話が出来そうにないので。。。
レーズンはもう少しあったかい季節になってきたらまた立ち上げよう♪


まだまだこの3つを使って色々作ってみようっと。

↓↓↓ ランキングに参加してみました♪
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト