本日の地野菜 | eplesu
えぷりーず。京都で自分の起こした酵母でパンを焼いている小さなパン屋。
2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09
今日は雨だったので仕事はチャリではなく歩いて電車。
なので帰りはノンビリ小さな商店街を歩きながら駅まで向かいます。
私の職場の近くは商店街が3つほど隣接していてとても便利なところ。

地元の野菜が表に置いてあるとつい惹かれてフラフラと入っていってしまいます(笑)



本日のお買い物はこの3つ。
淀大根、はたけ菜、ブロッコリー。
どれも地元でとれた野菜です。

最近は旬の野菜だけを買うようにしようと思っていてなるべく大型スーパーでの買い物は避けてるんです。
理由は。
地元でとれた野菜がほとんど売っていない。
土もついてなくて綺麗すぎ。
旬の野菜がわかりづらい。
こんなもんかな。

大型スーパーってほんと地元の野菜って少ないでしょ?
品がありすぎて、広いスペースにワーッと並んでると
「あれ?これっていつの季節の物だった?」って分からなくなる。

その点、小さなスーパーは旬の地元野菜は店頭や店の入ったところにドンッと置いてあります。
値段を見ても分かりやすい。
旬の地元でとれた野菜はとってもお安い値段がついてるから。
上の3つも全部98円なんですよ。

旬の野菜は季節はずれの野菜に比べて栄養価も高いし、
自然の流れで作れるから病気になりにくく農薬などを使う量も少なくて済むみたいです。
味も濃くて美味しいし、安いし文句なしですよね。

そうそう。
はたけ菜って大好きな野菜なんで馴染みのある野菜なんですがよく考えたら何の野菜だ?
今まで当たり前のように「はたけ菜ははたけ菜」と思っていたけど知らないぞ。
で、調べてみたらはたけ菜って伝統ある京野菜なんですね!
知らんかった!
どっちかってと貧乏臭い野菜やな?といったイメージ。
大好きだけどお客さんが来たときには出さない野菜って考えてた(笑)
なんでも菜種油用に植えたものを野菜の少ない早春に若菜として利用したのが始まりなんだそう。
今は改良されて菜種油用のものとは区別されて「はたけ菜」は確立してるみたいです。

100306_1950_02.jpg

ほうれん草は少し前にまとめて買ったものを使って。
ものすごい量の1束になっていたのに1つ78円。
地の野菜で新鮮だし4束まとめて購入してました。

実はほうれん草と豚肉のコンビのメインは2日前にも登場してます。
2日前はニンニクと生姜をたっぷりいれて三枡漬けとごま油で味付けしたもの。
今回はトマト味なので材料はほぼ一緒でも全然違ったお味と雰囲気のおかずになります。
明日の副菜ははたけ菜を炒めて中華あんをかけたものにする予定です。
こんな風に工夫をしたら家族からの苦情もこないから大丈夫(笑)

写真を見たらわかると思いますが私の野菜の切り方はかなりワイルドです
野菜は大きく切って歯ざわりよく食べたいんですよね。
お客さんが来るときはもう少し小さく切りますが家族だけの時はわざとゴロゴロさせてます。
見た目より歯ざわりの良さ!(笑)

野ブキの佃煮は母が作ってくれたもの。

100306_1656_01.jpg

これは私のずぼらアイテム。
どしてもダシをとるのがめんどくさくて出来ない。
だからこれをシャカシャカ入れて味噌汁を作ってます。
鰹節、昆布、煮干、干ししいたけをミルサーで粉末にしたものなんですがかなりいい仕事しますよ。
手抜きだけどちゃんとダシの味がしっかりします。
味噌汁の底にはダシの粉末が溜まるけど、楽で美味いに勝るものはない!

↓↓↓ ランキングに参加してみました♪
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト